川崎フロンターレ、三笘薫が持つ優れた得点感覚とは? レアンドロ・ダミアンが明かした決勝弾の舞台裏

2021年03月04日(Thu)11時18分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

0303Mitoma_fch
【写真:スクリーンショット】

【川崎フロンターレ 3-2 セレッソ大阪 J1第11節】

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 明治安田生命J1リーグ第11節の川崎フロンターレ対セレッソ大阪が3日に行われ、3-2でフロンターレが勝利を収めた。

 62分、三笘薫はペナルティエリア左角付近でボールを持つ。ダブルタッチで対峙した坂元達裕を抜くと、レアンドロ・ダミアンにボールを預けてDFラインの裏に走る。リターンを受けた三笘は、右足でゴールに流し込んだ。

 試合後の会見でレアンドロ・ダミアンは三笘のゴールをアシストした場面について、「ああいったシーンではボールを落とすと伝えてありました」とコメント。一方、三笘は「ダミアン選手に預ければ、彼もアイデアがある選手なので僕の意図も理解してくれます」と両者の間に築かれた信頼を明かした。

 三笘は決勝ゴールを「感覚的なもの」と振り返り、「相手のGKのタイミングだけずらせば、あの距離からだと入る」と自信を覗かせる。「身体が勝手に動いたという感じです」と、優れた得点感覚を見せつけた。

「満足せず次の試合も狙っていきたいと思います」。リーグ戦今季初ゴールでチームを逆転勝利に導いた三笘は、今季も相手チームの脅威になりそうだ。

(文:加藤健一)

【了】

新着記事

↑top