ガンバ大阪最強の助っ人選手は誰だ? 外国籍選手得点ランキング6位~10位。“浪速の黒豹”エムボマは何位?

29年目を迎えたJリーグでは、これまで様々な外国籍選手がプレーしてきた。1993年の開幕時からJリーグに所属するオリジナル10のガンバ大阪は、これまで2度のリーグ優勝を誇る。今回は、ガンバ大阪でプレーした外国籍選手の中から、所属時の得点ランキングを紹介する。※成績はJリーグ通算

2021年03月28日(Sun)9時30分配信

シリーズ:Jリーグ歴代外国人得点ランキング
photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

20210328_gamba_getty
【写真:Getty Images】

 ガンバ大阪の歴代外国人得点ランクは、7位までブラジル人選手一色。その中で8位に入ったのが、“浪速の黒豹”ことカメルーン代表のエムボマだ。アフリカ系独特の身体能力は、当時の日本サッカーに強烈なインパクトを残した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 トップ10で最も1試合あたりのゴール数が多いのは6位のアラウージョ。2005年の1年のみで33試合33ゴールと大暴れだった。ヴェルディ戦でハットトリックを達成した上に4アシストを記録したことも話題になった。

10位
オレグ・プロタソフ(ウクライナ)
生年月日:1964年2月4日(57歳)
Jリーグ通算成績:55試合/24得点
在籍時期:1994-95

9位
ハンス・ヒルハウス(オランダ)
生年月日:1963年11月5日(57歳)
Jリーグ通算成績:60試合/28得点
在籍時期:1995-96

8位
パトリック・エムボマ(カメルーン)
生年月日:1970年11月15日(50歳)
Jリーグ通算成績:34試合/29得点
在籍時期:1997-98

7位
バレー(ブラジル)
生年月日:1982年1月18日(39歳)
Jリーグ通算成績:49試合/30得点
在籍時期:2007-08

6位
アラウージョ(ブラジル)
生年月日:1977年8月8日(43歳)
Jリーグ通算成績:33試合/33得点
在籍時期:2005

【了】

新着記事

↑top