浦和レッズの攻撃が変わった! リカルド・ロドリゲス監督の采配が的中、連動性が生まれた理由とは?

2021年04月04日(Sun)11時32分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

浦和レッズ
【写真:Getty Images】

【浦和レッズ 2-1 鹿島アントラーズ J1第7節】

 明治安田生命J1リーグ第7節、浦和レッズ対鹿島アントラーズが3日に行われ、2-1で浦和が勝利を収めた。浦和にとってはこれが4試合ぶりの勝利となり、鹿島は痛恨の3連敗を喫している。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今季ここまで6試合で3得点と、浦和は攻撃に課題を抱えていた。ルヴァンカップを含めると、公式戦では4試合連続で無得点。流れを変えたいリカルド・ロドリゲス監督は柴戸海、武田英寿、武藤雄樹をリーグ戦で初めて先発で起用し、怪我から復帰した西大伍も先発メンバーに名を連ねた。

 37分の先制点は、インサイドハーフに入った小泉佳穂から生まれた。自陣左サイドからサイドチェンジのロングパスを送る。右サイドを西がドリブルで運び、柔らかいパスをゴール前へ。これを受けた明本考浩がゴールに流し込んだ。

 西がラストパスを出す直前、武藤は足下にボールを要求している。関川郁万が武藤の動きにつられることで、関川の背後に走りこんだ明本がフリーとなった。

 前半終了間際に同点に追いつかれたが、試合の主導権は渡さなかった。63分には武藤がライン間に降りて縦パスを受けると、明本が縦に切り込む。すると、反応が一瞬遅れた常本佳吾は明本を倒してしまった。浦和にPKが与えられ、槙野智章がこれを決めて勝ち越した。

「僕が張り続けるのではなく、ボールを降りてでも引き出す。僕が降りたら2列目がどんどん飛び出して、連動性、流動性のある攻撃をしようというのはプランにあった」。武藤がそう試合後に話した通り、狙い通りの攻撃で先制点を奪った。

 1トップで起用された武藤が攻撃陣に連動性をもたらし、小泉、西、明本と、新加入の3人で先制ゴールを奪った。追加点となるPKを獲得したのも明本である。リカルド・ロドリゲス監督の采配が、浦和の攻撃を活性化させた。


●鹿島を撃破! 浦和レッズが奪った2得点がこれだ!


Show Player

【了】

新着記事

↑top