久保建英
久保建英【写真:Getty Images】


MF

久保建英【不動】
日本代表戦:45分出場
U-24ガーナ代表戦:78分出場

A代表にも選出されている久保建英は、この世代では不動の存在だろう。A代表との一戦で先発したが、特別目立った活躍はなかった。しかし、U-24ガーナ代表戦は1ゴールを記録。ゴール前での落ち着きは圧巻だった。

遠藤航【不動】
日本代表戦:12分出場
U-24ガーナ代表戦:90分出場

A代表との試合は途中出場でU-24日本代表を鼓舞。そして、U-24ガーナ代表戦では圧倒的存在感でチームの勝利に貢献した。東京五輪世代の選手たちとともにプレーしまだ2試合だが、すでに不動の存在と言えるだろう。

板倉滉【不動】
日本代表戦:78分出場
U-24ガーナ代表戦:32分出場

オランダで活躍する板倉滉はA代表戦に78分間出場すると、中一日で迎えたU-24ガーナ代表戦の後半に途中出場し”鉄人”っぷりを見せた。ボランチでもプレーできるこのユーティリティプレイヤーは不動の存在だろう。

中山雄太【不動】
日本代表戦:45分出場
U-24ガーナ代表戦:84分出場

吉田麻也がOAとして選出されるまではこの世代でキャプテンマークを巻いていたのが中山雄太だ。守備的なポジションはどこでもプレーできる中山の存在はこの世代では絶大だ。森保監督からの信頼も厚い。

堂安律【不動】
日本代表戦:17分出場
U-24ガーナ代表戦:67分出場

A代表にも選出されていた堂安律はA代表との試合で途中出場。U-24ガーナ代表戦は1ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献。攻撃陣の中心的な存在となるだろう。

田中碧【不動】
日本代表戦:45分出場
U-24ガーナ代表戦:90分出場

田中碧はA代表との試合で45分も出場しながら、中一日で行われたU-24ガーナ代表戦にフル出場。両試合で存在感を発揮していた。この世代では欠かせない存在だ。

相馬勇紀【当確】
日本代表戦:45分出場
U-24ガーナ代表戦:58分出場

相馬勇紀は日本代表との試合で右サイドでもプレー。本来は左サイドでプレーするため、三笘薫とポジションを争うことになる。現段階では左ウィングのファーストチョイスかもしれない。

三笘薫【当確】
日本代表戦:出場なし
U-24ガーナ代表戦:32分出場

相馬勇紀とポジションを争う三笘薫はU-24ガーナ代表戦で途中出場ながら、1ゴールを記録した。また、得意のドリブルでも存在感を発揮。ジャマイカ戦の結果次第では、ファーストチョイスになる可能性もあるだろう。

三好康児【当落線上】
日本代表戦:73分出場
U-24ガーナ代表戦:出場なし

ベルギーのロイヤル・アントワープでプレーする三好康児は当落線上と言えるだろう。A代表との試合ではその実力を十分に発揮できず。U-24ガーナ代表戦は出場なし。ジャマイカ戦で出場し、アピールをしておきたい。

遠藤渓太【当落線上】
日本代表戦:45分出場
U-24ガーナ代表戦:出場なし

遠藤渓太はA代表との試合で先発に名を連ねたが、前半のみの出場。左ウィングのポジションは熾烈で、U-24ガーナ代表戦でゴールを決めた相馬と三笘よりは序列が下かもしれない。

食野亮太郎【落選濃厚】
日本代表戦:出場なし
U-24ガーナ代表戦:23分出場

食野亮太郎は合流したばかりだったため、A代表との試合はベンチ外。U-24ガーナ代表戦は後半途中からの出場だった。結果を残した先発組と比べると、アピールが足りないかもしれない。ジャマイカ戦での猛アピールが必要だ。

【次ページ】FW

1 2 3 4

新着記事

↑top