リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

15位:レスターを支える神童

ユーリ・ティーレマンス 20/21サッカー選手能力値ランキング
【写真:Getty Images】

MF:ユーリ・ティーレマンス(ベルギー代表/レスター)
生年月日:1997年5月7日(24歳)
市場価格:5000万ユーロ(約60億円)
19/20リーグ戦成績:37試合出場/3得点6アシスト


【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 早くから注目を浴び、早くに消えてしまう選手は決して少なくないが、ユーリ・ティーレマンスは違う。5歳で母国の名門アンデルレヒトの下部組織に入団し、15歳という若さでトップデビューを果たすと、2017年にモナコへステップアップ。その2年後にはレスターへ籍を移し、今やプレミアリーグ屈指のMFとなるまで成長を遂げた。ベルギー代表でも、すでに中心的存在となっている。

 そんなティーレマンス最大の魅力は「パス」センスの良さだ。視野が広いため味方の動きを見逃すことが少なく、鋭い縦パスやスルーパスを次々と送り込むことができる。また、利き足である右足だけでなく、左足からも質の高いボールを出せるあたりもストロングポイント。マッチアップする選手からすると、どちらを切るべきか、常に難しい判断を強いられる。

 派手な「ドリブル」を披露するタイプでないが、止める・蹴るの基本技術に関してはもちろん申し分なく、プレー一つひとつが的確で無駄がないなど、サッカー「IQ」も極めて高い。だからこそ、上記した「パス」センスの良さがより際立っている。攻撃をコントロールするという点で、ティーレマンスの能力を疑う人はいないだろう。

「フィジカル」に長けているわけではないが、ハードワークを決して怠らず、プレミアリーグ上陸後はバランス感覚という部分も磨かれた。これでまだ24歳というのは、ただただ恐ろしい。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top