セルビア代表は11日にキリンチャレンジカップ2021で日本代表と対戦する。かつて名古屋グランパスを率いたドラガン・ストイコビッチ監督は、縁の深い日本との一戦にどんなメンバーを送り出したのか。スタメン11人とフォーメーションを紹介する(※成績、所属クラブは2021年6月10日現在)。

GK

プレドラグ・ライコビッチ
【写真:Getty Images】

プレドラグ・ライコビッチ(スタッド・ランス[フランス1部]/背番号1)
生年月日:1995年10月31日(25歳)
20/21リーグ成績:37試合出場/49失点
セルビア代表通算成績:19試合出場/15失点


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2015年にU-20ワールドカップを制した当時のU-20セルビア代表の中心選手で、2013年に17歳でA代表デビューを果たした早熟の守護神。世界一になった直後にイスラエルへ移籍したものの、なかなか欧州トップレベルに到達できず。昨季からフランス1部のスタッド・ランスでレギュラーポジションを確保し、ようやく欧州5大リーグでの評価を確立しつつある。

 7日のジャマイカ代表戦ではジョルジェ・ニコリッチとマルコ・イリッチの2人が45分ずつ出場したため、日本戦では今回の遠征で未だ出番のないライコビッチにチャンスが与えられそうだ。本来の正GKマルコ・ドミトロビッチの壁は厚いが、日本戦をポジション奪取のきっかけにしたい。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top