英国人が見たU-24日本代表対スペイン戦。「久保建英の意識は凄かったが…」「この審判はちょっとね…」【東京五輪】

2021年08月04日(Wed)0時05分配信

シリーズ:英国人が見た○○戦
text by 編集部 photo JMPA,Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

U-24日本代表は3日、東京五輪(東京オリンピック)男子サッカー・準決勝でU-24スペイン代表と対戦。試合は0-0のまま延長戦に突入したが、延長後半に失点を喫して敗れている。この試合中、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

「戦略的な判断だとしても理解できる」

久保建英
【写真:Getty Images】



――U-24日本代表は準決勝までたどり着きました。メダルも見えてきましたね。

「近いけど遠く感じるね。失うものがあるから。銅メダルを取れればすごいけど、金や銀は違いますね」

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


――三笘薫がベンチ外となりました。これは交代策に影響しそうですね。

「どうだろうね。ニュージーランド戦は日本の方がボール支配率が高かったので、三笘のような選手がインパクトを残す可能性があったけど、今日はスペインが主導権を握ると予想しているので、ベンチにはフォワードよりセンターバックが必要になるかもしれません」

「前田大然、上田綺世、相馬勇紀もいるので、戦略的な判断だとしても理解できます。簡単な決断ではないけど、18人しかメンバーに入れないですからね。冨安健洋が出場停止で板倉滉が先発に入って、センターバックがベンチにいなくなったからね」

――林大地が決定機を迎えましたが、シュートを枠に飛ばせない……。オフサイドでしたね。

「オフサイドだったけど、今日のような試合であのチャンスは絶対に決めないといけない」

1 2 3 4 5

新着記事

↑top