リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。今回は「スピード」にフォーカスしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。


20位:フランスが生んだ才能

サン=マクシマン
【写真:Getty Images】

FW:アラン・サン=マクシマン(フランス出身/ニューカッスル)
生年月日:1997年3月12日(24歳)
市場価値:3000万ユーロ(約36億円)
20/21リーグ戦成績:25試合3得点4アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 アラン・サン=マクシマンは圧倒的な「スピード」をプレミアリーグで披露している。速さを存分に活かした「ドリブル」は脅威で、DFをいとも簡単にぶち抜いてしまう。

 パリ生まれのサン=マクシマンは、少年時代から才能の片りんを見せていた。14歳のときにサンテティエンヌのアカデミーに加入し、16歳という若さでトップチームデビューを果たした。そこからわずか2年後の15年夏にモナコへ完全移籍すると、ハノーファー、バスチア、ニースと渡り歩き、ニースでブレイクを果たす。17/18シーズンは3得点7アシスト、翌シーズンも6得点5アシストを記録し、19年夏にニューカッスルに加わった。

 両足を巧みに使い、相手の重心を外して一気に抜き去る。相手がスピードを警戒して間合いを空ければ、ドリブルで危険なエリアへとボールを運んでいく。両サイドでプレーすることができ、両足を遜色なく使えるため、相手は動きを推測するのが難しい。データサイト『WhoScored』によると、昨季の1試合平均のドリブル成功回数(3.8回)はアダマ・トラオレに次ぐリーグ2位の記録となっている。ドリブラーにありがちな球離れの悪さはサン=マクシマンにとっても例外ではなく、フィニッシュの精度を課題としている。全体的に見れば粗削りではあるが、得意分野に関してはプレミアリーグでも屈指の能力を持っている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top