世界最高のドリブラーは誰だ! サッカー選手ドリブル能力値ランキング1位~5位。メッシかネイマールか、果たしてトップは…

2021年09月15日(Wed)6時00分配信

シリーズ:20/21能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

1位:バルセロナが生んだ至宝

スライド1 (5)
【写真:Getty Images】


FW:リオネル・メッシ(アルゼンチン代表/パリ・サンジェルマン)
生年月日:1987年6月24日(34歳)
市場価格:8000万ユーロ(約96億円)
20/21リーグ戦成績:35試合30得点11アシスト

 世界最高峰の選手、リオネル・メッシ。17歳のデビューからバルセロナ一筋でプレーしてきたが、契約満了となった今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)に活躍の場を移すこととなった。バルセロナとは新契約を結ぶことで合意していたが、ラ・リーガが規定するサラリーキャップに引っかかり、契約にサインできなかった。

 シュート、ドリブル、パス、FK、周りの選手を使う上手さなど、どれをとっても素晴らしいが、中でも「ドリブル」の技術は世界最高峰だ。メッシの代名詞とも言える右サイドからの仕掛けは、彼の高い技術が集約されている形だ。細かいタッチと数秒間の間に何回もキックフェイントを入れることで、相手DFを自分の間合いに入れさせない。左足のシュートコースが切られている場合は、深い切り返しで右足に持ち替えてシュートを打つ。正確無比なFKがあるので、簡単にファウルすることもできない。ゴール前で視線を集めることで味方選手がフリーになり、よりビッグチャンスが生まれる可能性もある。

 メッシは技術の高さと視野の広さも相まってゴール前での選択肢が豊富なのだ。相手DFはメッシの選択肢が多すぎるため、ケアすべきポイントが絞れず、その隙をついて決定機を作られてしまう。バルセロナではゴール前でメッシがドリブルで仕掛けることで多くのチャンスが生まれていたが、PSGでも同じような形でゴールを演出し続けるのだろうか。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top