ガンバ大阪が8強最後の椅子を獲得。湘南ベルマーレに4発快勝【天皇杯結果】

2021年09月22日(Wed)19時56分配信


Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

ガンバ大阪
ガンバ大阪



【ガンバ大阪 4-1 湘南ベルマーレ 天皇杯ラウンド16】

 天皇杯JFA第101回全日本サッカー選手権大会・ラウンド16のガンバ大阪対湘南ベルマーレ戦が22日に行われ、G大阪が4-1の勝利を収めて準々決勝進出を果たした。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ラウンド16の他の試合は8月18日に開催済み。日程変更により1試合のみが遅れて開催される形となり、G大阪と湘南が準々決勝の最後の椅子を懸けて争った。

 試合は序盤からG大阪が主導権を握る展開となり、前半2分には柳澤亘からのアーリークロスにパトリックが頭で合わせて先制点。26分にもウェリントン・シウバが自ら獲得したPKを決めてリードを広げる。

 G大阪はその後、小野瀬康介が負傷のためプレー続行不可能となるアクシデントに見舞われてしまう。だが42分にはその小野瀬との交代で入った倉田秋がゴールを奪い、3点をリードして前半を折り返した。

 56分にもGK富居大樹にプレスをかけボールを奪ったパトリックが自身2点目のゴールを決めて4-0。湘南も柴田壮介のゴールでようやく1点を返したが、G大阪が快勝で8強進出を決めた。

 天皇杯8強に勝ち残ったチームはG大阪のほか、川崎フロンターレ、ジュビロ磐田、セレッソ大阪、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、名古屋グランパス、大分トリニータ。準々決勝の組み合わせ抽選は24日に行われる。

【得点者】
2分 1-0 パトリック(G大阪)
26分 2-0 ウェリントン・シウバ(G大阪)
42分 3-0 倉田秋(G大阪)
56分 4-0 パトリック(G大阪)
64分 4-1 柴田壮介(湘南)

【了】

新着記事

↑top