2021-10-08-japan_JFA
【写真:日本サッカー協会】



【日本 0-1 サウジアラビア カタールW杯・アジア最終予選】

 カタールワールドカップアジア最終予選の日本代表対サウジアラビア代表が現地時間7日に行われ、日本はアウェイで0-1の敗戦に終わった。DF吉田麻也が試合を振り返ってコメントしている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今予選ですでに出遅れている日本はアウェイとはいえ勝ち点3が欲しいところだったが、後半にバックパスのミスを奪われたところから失点。そのまま反撃ならず、早くも予選2敗目を喫する厳しい結果となった。

「ミスが起こってしまったのはしょうがないと思います。それも含めてサッカーですし」と吉田は失点の場面について語る。「それよりも0-0の時に点が取れなかったことが問題かなと思います。よく我慢していて、相手に形を作らせることもなかったと思うので」

 3連勝のサウジアラビアには勝ち点でも大きく離される状況となったが、「次のことを考えるしかない」と吉田。「次のオーストラリアに勝つしかないと思っています。サウジには、この借りはホームで絶対返したいと思います」と今後への意気込みを示した。

「予選が終わったわけではないですし、次に切り替えて絶対に勝ちたいと思います。移動も含めてリカバリーが勝負になると思うので、良いコンディションでオーストラリアを迎えなきゃいけない。確実にホームで勝ち点3を獲らなければいけない」

 選手や監督らに対して批判の声が強まることは避けられないが、「終わった時にジャッジしてもらえればいい。その時に結果が出なければもちろん、協会、監督、選手も責任を取る覚悟ができていると思っているので。終わってから判断してもらえればいいと思います」と吉田はあくまで今後の試合に集中する姿勢を強調している。

【了】

新着記事

↑top