日本代表の司令塔は誰か? 強烈デビューと「第三形態」。オーストラリアをハメた守備戦術とは【西部の目/W杯アジア最終予選】

2021年10月13日(Wed)9時03分配信

シリーズ:西部の目
text by 西部謙司 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

第三形態の守備戦術とは…



 ミドルプレス主体の守備はリバプール方式だった。今やリバプールだけではなく広く普及したやり方だが、日本代表では初の本格導入だろう。

 FW3人はほぼペナルティーエリアの幅を守る。5レーンでいえば中央の3レーンだ。その後方に同じくMF3人が中央3レーンを抑える。

 相手のSBがフリーになるが、ウイングは外を遮断する形でアプローチするのでSBはなかなかいい形ではもらえない。前に出ると日本代表のSBのテリトリーに入ってしまう。低い位置で受けても、中央3レーンは抑えられていて、すぐにMF3人がスライドして来る。ウイングもプレスバックしてくる。

 後方からビルドアップしたいオーストラリア代表だが、この守備にハマって有効にボールを前進させることができなくなっていた。後半からトップにロングボールを入れてセカンドを拾う攻め込みをみせたが、それもあまり効果はなかった。

 セットプレーを除いてほとんどチャンスを作らせていない。守備が破綻したのは2回だけだ。ただ、その2回のうち1回が失点につながっている。

1 2 3 4

新着記事

↑top