U-22日本代表に推薦したい5人。高校サッカー選手権優勝の背番号10、ネクスト遠藤航、現役高校生も…

2021年10月19日(Tue)6時30分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

東京五輪ではメダルに一歩届かなかったが、3年後のパリ五輪に向けた戦いが早くもスタートする。パリ五輪世代となるU-20世代を中心とするメンバーが参加するAFC U23アジアカップ予選に向けたメンバーが、19日に発表となる。今回は、U-22日本代表に推薦したい5人を紹介する。※2021年8月9日、12日に掲載したものを加筆・再編集して再掲載する。

新天地でも不動の存在に

1019Matsuoka_getty
【写真:Getty Images】

MF:松岡大起(まつおか・だいき)
所属クラブ:清水エスパルス
生年月日:2001年6月1日(20歳)
2021シーズン成績:21試合0得点2アシスト(鳥栖)
9試合0得点0アシスト(清水)


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 東京五輪の最中に発表された松岡大起の完全移籍というニュースは大きな話題を呼んだ。サガン鳥栖U-18に所属していた2019年3月にJ1デビューを果たし、18歳の誕生日を迎えた直後にプロ契約を結んでいる。2年半でJ1リーグ76試合に出場し、20歳ながら鳥栖では中心的存在となっていた。

 鳥栖の金明輝監督はアカデミー時代にも指導を受けた間柄で、松岡はアカデミー出身の選手が次々と台頭するチームを象徴するような存在だった。本職は中盤で、豊富な運動量とボール奪取能力の高さが魅力だ。最終ラインに故障者が続出した昨季は最終ラインでも起用されるなど、守備力の高さは高く評価されている。

 ブンデスリーガで結果を残す遠藤航が日本代表の中盤で欠かせない存在となっているが、プレースタイルは松岡と重なる部分もある。連戦を戦い抜くタフさを備えており、国際大会でも活かされるだろう。新天地となった清水でも、既に欠かせない存在となっている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top