日本代表は現地時間16日、カタールワールドカップ・アジア最終予選でオマーン代表と対戦し、で勝利した。この試合中、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)


オマーンの方がゴールの匂いがする

日本代表
【写真:Getty Images】

――本日もよろしくお願いします。11日のベトナム代表戦から、先発メンバーの変更は1人のみとなりました。出場停止の守田英正に代わり、柴崎岳が起用されました。

「前田大然がベンチに入ってないですね」

【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


――上田綺世や旗手怜央もベンチ外となりました。

「森保一監督は『これまで使った選手を信じる』ということですね」

――試合が始まりました。9月と同じように、オマーンは日本代表のビルドアップに対してプレスをかけてきています。

「そうですね。大阪での試合と同じく、オマーンは引いて守るのではなく、ボールを持って攻めています。攻撃陣は技術があって足下もうまいですね。日本代表は気をつけないといけない」

――対照的に、日本代表のプレスは良くないですね。

「その通りですね。いつもと同じメンバーですが、立ち上がりはあまり機能していません」

――日本代表にとっては、この試合も苦しい展開です。

「立ち上がりは良くないです。オマーンの方がゴールの匂いがする」

――長友佑都のクロスに伊東純也がフリーになりましたが、うまくミートできませんでした。

「少し難しいチャンスだったね」

1 2 3 4 5

新着記事

↑top