京都サンガF.C.、最高の助っ人は誰だ!? 歴代外国人最多出場選手ランキング1~5位。首位はセルビアからきたDF。現在の主力2人は何位?

2021年11月27日(Sat)8時00分配信

シリーズ:Jリーグ歴代外国人最多出場ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

 29年目を迎えたJリーグでは、これまでにさまざまな選手がピッチに立ってきた。今回は、京都サンガに所属した選手で最も多くJリーグの試合に出場した外国人選手を紹介する。※成績はJリーグ通算

5位:2年連続得点王を狙う現エース

ピーター・ウタカ
【写真:Getty Images】

ピーター・ウタカ(ナイジェリア)
生年月日:1984年2月12日
Jリーグ通算出場数:78試合
在籍時期:2020-


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 京都サンガの歴代外国人最多出場ランキング4位は、ピーター・ウタカだ。これまで78試合に出場している。

 2016年にサンフレッチェ広島で19ゴールを挙げてJ1得点王になったウタカは、2020年に京都サンガに加入。その1年目で22ゴールを決め、J2得点王となった。

 今季も順調にゴールを重ねるウタカは、ここまで21ゴールを記録。22ゴールを決めているジュビロ磐田のルキアンと得点王争いを続けているところだ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top