今季J1平均観客数は6661人。引き続きコロナ禍が影響、昨季より約15%増

2021年12月04日(Sat)17時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

Jリーグ
【写真:Getty Images】



 明治安田生命J1リーグの今季最終節となる第38節の試合が4日に各地で開催された。これで今季のJ1リーグ全試合が消化されている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 新型コロナウイルス感染拡大対策のための観客入場数制限は、昨季に続いて今季も適用。J1では計10試合がリモートマッチ(無観客試合)として開催されたほか、時期や会場によって最大5000人や1万人、収容人数の50%など観客入場数に制限が設けられた。

 Jリーグ公式データによれば、全380試合を終えた今季J1の総観客動員数は253万1007人。1試合あたりの平均観客数は6661人となった。どちらも史上最少を記録した昨季に次いで、リーグ史上2番目に少ない数字となっている。

 特例措置により通常より2チーム多い20チームでリーグ戦が開催され試合数が増加したこともあり、総入場者数は昨年の177万3481人から大幅回復したとはいえ、1試合平均では昨季の5796人から約15%の増加にとどまった。

 最多の入場者数が記録されたのは、4日に日産スタジアムで行われた横浜F・マリノス対川崎フロンターレ戦の3万657人。年間を通して唯一の3万人超えとなった。

 クラブ別では、総入場者数21万614人(平均1万1085人)の名古屋グランパスが昨季に続いてホームゲーム入場者数リーグ最多。横浜FMが17万831人(平均8991人)、浦和レッズが15万6636人(平均8244人)で続いた。

【了】

新着記事

↑top