名古屋グランパス、最高の助っ人は誰だ!? 歴代外国人最多出場選手ランキング1~5位。首位はダントツで“ピクシー”。現守護神が急上昇中

2021年12月11日(Sat)8時00分配信

シリーズ:Jリーグ歴代外国人最多出場ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

 29年目を迎えたJリーグでは、これまでにさまざまな選手がピッチに立ってきた。今回は、名古屋グランパスに所属した選手で最も多くJリーグの試合に出場した外国人選手を紹介する。※成績はJリーグ通算

5位:2年連続得点王

ジョシュア・ケネディ
【写真:Getty Images】

ジョシュア・ケネディ(オーストラリア)
生年月日:1982年8月20日
Jリーグ通算出場数:133試合
在籍時期:2009-14


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 名古屋グランパスの歴代外国人最多出場ランキング5位は、ジョシュア・ケネディだ。6シーズンにわたって活躍し、133試合に出場した。

 ドイツでのキャリアが長かったケネディは、2009年に名古屋グランパスの一員に。シーズン途中の加入にもかかわらず6ゴールを決めると、2010年と2011年は2年連続の得点王に輝いた。

 2014年までに挙げたゴールは64。これは、名古屋グランパスの歴代外国人選手で2番目に多い数字だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top