ヴィッセル神戸が退団発表。トーマス・フェルマーレン、Jリーグで残した実績は…

2021年12月13日(Mon)16時42分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

トーマス・フェルマーレン
【写真:Getty Images】



 J1のヴィッセル神戸は13日、ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンと2022シーズンの契約を更新せず、契約満了により今季限りで退団することを発表した。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


「自分にとって、ヴィッセル神戸でプレーできたことは大きな喜びです。皆さんと一緒に多くの素晴らしい瞬間を共有できました。応援してくれたファンの皆さん、クラブに関わる全ての人に感謝するとともに、チームの今後の幸運を祈っています」とフェルマーレンはクラブを通してコメントしている。

 現在36歳のフェルマーレンは2019年7月に神戸加入が決定。それまでバルセロナに所属し、過去にはアヤックスやアーセナル、ローマなどでもプレーしていた現役ベルギー代表センターバックは、DFの選手としてはJリーグの歴史上でも屈指のビッグネームとなった。

 神戸ではバルセロナ時代にチームメートだったMFアンドレス・イニエスタ、MFセルジ・サンペール、FWダビド・ビジャ、FWボージャン・クルキッチらとも一緒にプレー。バルセロナ路線で大型補強を進めていくクラブの最終ラインに経験とクオリティーをもたらした。

 夏に加入した2019シーズンはJ1で8試合に出場したほか、天皇杯でもベスト16から決勝までの4試合にフル出場してクラブ初タイトルとなる優勝を助けた。2020シーズンには負傷もありリーグ戦は14試合出場にとどまったが、神戸が初めて出場したAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではベスト4進出の好成績を支えた。

 2021シーズンは加入後最多のリーグ戦23試合に出場し、クラブ史上最高となるACL出場圏の3位という好成績に貢献。5月のセレッソ大阪戦では終了間際の劇的同点ゴールとなる強烈シュートで移籍後初ゴールも挙げ、Jリーグ優秀選手賞31名の中にも選出された。神戸では2年半でリーグ戦45試合、公式戦合計57試合に出場している。

 日本への移籍後もベルギー代表の重鎮としてプレーを続行し、今年夏にはユーロ2020(欧州選手権)にも出場。現役Jリーガーとしてはドラガン・ストイコビッチ氏以来21年ぶりの出場となった同大会でもベルギーのベスト8進出に貢献して健在ぶりを示した。

【了】

新着記事

↑top