チャンピオンズリーグ
【写真:Getty Images】



 欧州サッカー連盟(UEFA)は、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の抽選において「技術的問題」が生じたとして、異例の再抽選を実施することを発表した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


「外部サービスプロバイダのソフトウェアの技術的問題により、どのチームとどのチームが対戦可能であるかを担当者に知らせる上で重要なエラーが発生した。この結果、抽選は全て無効とし再抽選を行う」とUEFAは発表している。

 決勝トーナメント1回戦の抽選では、同国対決や、グループステージを同じ組で戦ったチーム同士の組み合わせは避けられる。だがレギュレーションに合わせて抽選ポッドを調整する上で問題が発生したとのことだ。

 抽選ではリオネル・メッシの所属するパリ・サンジェルマンとクリスティアーノ・ロナウドの所属するユナイテッドの対戦、またリバプールが南野拓実の古巣であるザルツブルクと対戦するなどのカードが組まれていたが、これらも一旦無効となる。再抽選は現地時間15時(日本時間23時)より実施と発表されている。

【了】

新着記事

↑top