まさに芸術。名古屋グランパスFWが決めたゴールが凄い! 想像を超えるアイデアとテクニックが生んだ一撃

2021年12月14日(火)7時30分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , ,

1214Kakitani_getty
【写真:Getty Images】



 明治安田生命Jリーグは2021シーズンの全日程を消化した。今季も様々なゴールが生まれたが、名古屋グランパスの柿谷曜一朗が決めたゴールは圧巻。一瞬の出来事に、観ていた者の多くが言葉を失うほど美しいゴールだった。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 スーパーゴールが生まれたのは、11月27日に行われたJ1第37節のセレッソ大阪対名古屋グランパス。0-0のまま試合は67分になると、柿谷が古巣相手に大仕事を見せる。

 左サイドからのクロスをファーで山崎凌吾が競ると、中央で中谷進之介がトラップしてシュートを狙う。このトラップは大きくなったが、これが結果的にそばにいた柿谷へのパスとなる。柿谷は右足でボールを浮かせると、バイシクルシュートで背を向けたゴールへ蹴りこむ。シュートはポストに当たってゴールネットに吸い込まれた。

 古巣相手に決めたゴールは、年間最優秀ゴールに選ばれている。予想を上回るアイデアとそれを実現させるテクニックが詰まった最高の一撃だった。

1 2

新着記事

↑top