J1ポジション別ベストプレーヤー5選(WG編)。日本最強スピードスターに衰え知らずの天才、今季覚醒の男も!

2021年12月15日(水)7時00分配信

シリーズ:J1ポジション別ベストプレーヤー
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

明治安田生命J1リーグは2021年の全日程を終了。今シーズンも手に汗握る戦いが多く繰り広げられた。そこで今回は、2021シーズンのJ1リーグで輝きを放った選手をポジションごとに5人ずつ紹介する。(※ポジションは登録されているものではなく、所属クラブでメインとなっていたもの)

35歳も衰えぬ能力

家長昭博
【写真:Getty Images】

家長昭博(川崎フロンターレ)
生年月日:1986年6月13日(35歳)
2021リーグ戦成績:37試合8得点4アシスト


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 Jリーグ最優秀選手賞受賞の実績を持つレフティーのパフォーマンスは、今季も素晴らしいものがあった。右サイドの絶対的存在として、3月に行われた第6節、浦和レッズ戦を除く37試合に出場。8得点4アシストという成績を残し、川崎フロンターレのJ1リーグ連覇に貢献している。

 卓越したテクニックと強靭なフィジカルを活かしたキープ力の高さはまだまだ健在で、ボールを受けて簡単に失うことはほぼなかったと言っていい。そうしてゲームをコントロールし、最後は高質な左足で決定的な仕事を果たすなど、攻撃のグレードを引き上げ続けていた。今季、川崎Fはリーグ2位となる81得点をマークしたが、家長昭博がいなければ、これだけの数字は残せていなかっただろう。

 自身3度目となるベストイレブン選出を果たした家長も今年で35歳。サッカー界では大ベテランとなるが、衰えはまったく感じさせていない。今やJリーグの絶対的王者となった川崎Fにおいて、天才レフティーはまだまだ輝きを放っていくはずだ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top