板倉滉
【写真:Getty Images】



 日本代表は今月27日のカタールワールドカップアジア最終予選・中国代表戦に向けて合宿を行っている。

【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今回の活動における最大の話題は、やはりDF吉田麻也とDF冨安健洋の不在だ。これまでセンターバックの主戦を担ってきた2人が揃って負傷離脱中で、彼らの穴をいかに埋めるかが試されることになる。

 そこで代役候補の筆頭となっているのが、ドイツ2部のシャルケでプレーしているDF板倉滉だ。昨年は東京五輪にも出場した長身センターバックは、オランダやドイツで経験を積んで大きく成長を遂げてきた。いまこそ日本代表で実力を証明するチャンスだ。

 しかし、板倉自身が意識するのは、あくまでチームの勝利。個人としてのアピールに走ることなく、中国戦と2月1日のサウジアラビア代表戦で2連勝することに集中している。

「(吉田と冨安の)2人が不在の中で、ここでしっかり勝ちきることが大事だと思うし、チームの勝利のことしか考えていないです。もちろん『自分がやってやる』という気持ちは持ってこの代表活動に来ていますし、あとは終わった時に、しっかり(2試合とも)勝ち点3を取って終わっていることが何よりも大事だと思います」

 板倉が日本代表の勝利のために力を尽くす中で、強みにしている「1対1で負けないところ」と「後ろからしっかりサッカーを作っていくところ」はチームの大きな後押しになるだろう。

 だが、あくまでも「もちろん自分の持っているものを全て出すつもりだし、とにかくプレーどうこうよりは、勝てばいいという、そこだけですね」と勝利が最優先であることを強調した。

「僕自身、いままでのキャリアを振り返って見ても、(試合に)出られない時期もあったし、こうやって急にけが人の影響とかで試合に出る(チャンスが来る)場面も何回もありました。本当に大事な試合で結果を残せるか残せないかで、この世界で生き残っていけるか、生き残っていけないかにもつながってくるので、急にチャンスが来た場面でも日本を勝たせられる選手になりたいというより、ならなければいけないと思っています」

 取材を通じて「いつも通り」や「日本の勝利のために」という意識を貫きつつ、個人としてもチームを勝たせる選手に成長することへの決意もにじませた。安定したパフォーマンスで勝ち点6をもたらせれば、日本代表がワールドカップ出場に近づくとともに、今回の代表活動は板倉自身にとってもキャリアのターニングポイントになるかもしれない。

(取材・文:舩木渉)

【了】

新着記事

↑top