サッカー日本代表 最新ニュース

ブルーノ・フォルナローリ
【写真:Getty Images】




元Aリーグ得点王のベテランがオーストラリア代表入りへ


 ウルグアイ出身のベテランFWブルーノ・フォルナローリが、日本代表とも対戦するオーストラリア代表に招集されることになった。オーストラリアの“秘密兵器”となるフォルナローリとは何者だろうか。



【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初月1ヶ月無料お試し実施中】


 オーストラリア代表は今月24日に行われるFIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選の試合で日本代表と、その5日後にサウジアラビア代表と対戦する。本大会出場権を獲得するのか、プレーオフに回るのかが決まるラスト2つのビッグマッチだ。

 グラハム・アーノルド監督によるメンバー発表会見は17日に行われる予定だが、フォルナローリがその招集を受けたことが明らかになった。同選手が所属するパース・グローリーの監督も、「代表チームにとって本格的な武器になると思う」と期待を示している。

 1987年生まれのフォルナローリは現在34歳。ウルグアイの生んだ世界的ストライカーであるルイス・スアレスやエディンソン・カバーニと同世代であり、母国でのユース時代には両選手ともチームメートとしてプレーしていた。ナシオナル下部組織では当初スアレスを抑えて先発で起用されていたが、ベンチスタートから頭角を現したスアレスが先にトップチームに呼ばれることになったという。

 20歳で欧州へ渡ったフォルナローリはサンプドリアでセリエAにデビューしたが、イタリアで十分な出場機会は得られず。その後はアルゼンチンやスペイン2部、ギリシャなどを渡り歩いたあと、2015年に移籍したオーストラリアで大きく飛躍を遂げた。

 メルボルン・シティに加入した2015/16シーズンはAリーグで29試合に出場して25得点を挙げ、いきなり得点王に輝く。その後もオーストラリアで順調にゴールを重ね、メルボルンとパースで合計138試合に出場して81得点を記録している。34歳で迎えた今季も14試合で7得点と健在だ。

 U-17ウルグアイ代表でのプレー経験はあったがA代表ではプレーしておらず、オーストラリア代表入りが認められることになった。Aリーグを代表する点取り屋の一人であり、日本代表にとっても大きな脅威となるかもしれない。

【了】

新着記事

↑top