サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表は29日、FIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選でベトナム代表と対戦する。先日行われたオーストラリア代表戦では2-0で勝利。1試合を残してのカタールW杯出場を決めた。よって、今回は消化試合となるが、果たして森保一監督はどのようなメンバーで臨むのか。ベトナム代表戦のスタメン案とフォーメーションを紹介する。


GK:谷晃生(湘南ベルマーレ)

谷晃生
【写真:Getty Images】

生年月日:2000年11月22日
日本代表通算成績:0試合0失点


【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初月1ヶ月無料お試し実施中】


 谷晃生はガンバ大阪からの期限付きという形で加入した湘南ベルマーレで大きく成長。昨夏の東京五輪(東京オリンピック)では大迫敬介、鈴木彩艶を抑え正守護神として全試合に出場し、U-24日本代表のベスト4入りに貢献した。その活躍が森保一監督に評価され、昨年8月にA代表初招集。そこからコンスタントにメンバー入りを果たしている。

 ここまでA代表での出場はないものの、消化試合となるベトナム代表戦では権田修一やシュミット・ダニエルらを抑えて出番が回ってくる可能性は十分にあるとみていいだろう。若く、将来性のある谷に1試合でも経験を積ませることは日本代表のこれからを考えても決して無意味なことではないので、ぜひピッチに立つ姿を見てみたいものだ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top