名古屋グランパス、最強の助っ人は誰だ!? 歴代外国人得点ランキング1~10位。最強助っ人ウェズレイ、ピクシーらが登場!【2022年版】

2022年04月30日(Sat)9時30分配信

シリーズ:Jリーグ歴代外国人得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,


名古屋グランパス 最新ニュース

 Jリーグでは、これまで様々な外国籍選手がプレーしてきた。名古屋グランパスでも、多くの外国人選手がクラブの歴史に名を残している。今回は、名古屋グランパスでプレーした外国籍選手の中から、所属時の得点ランキングを紹介する。※2021シーズンまでのJリーグ通算成績


6~10位

20210417_nagoya-6-10_getty
【写真:Getty Images】

 10位に入ったデュリックスは、フランス人のMF。ヴェンゲル時代の名古屋の中盤を支えた一人だが、時には自らもゴールを決めた。9位のジョルジーニョはトヨタ時代からの選手。日本サッカーリーグを含めると、クラブでの得点は30まで増える。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 6位と8位には近年所属した選手が入った。ロビン・シモヴィッチは199cmの長身を誇るスウェーデン人FWで、2016年からの2シーズンで29得点をマーク。17年に加入したガブリエル・シャビエルは左利きのブラジル人で、昨季までの5年間で20得点を記録。ともに2017年のJ2時代に活躍し、名古屋のJ1復帰に貢献している。

10位:フランク・デュリックス(フランス)

生年月日:1965年10月20日
Jリーグ通算成績:72試合/16得点
在籍時期:1995-96

9位:ジョルジーニョ(ブラジル)

生年月日:1959年8月23日
Jリーグ通算成績:65試合/17得点
在籍時期:1992-94

8位:ガブリエル・シャビエル(ブラジル)

生年月日:1993年7月15日
Jリーグ通算成績:126試合/20得点
在籍時期:2017-2021

7位:マルケス(ブラジル)

生年月日:1973年2月12日
Jリーグ通算成績:59試合/25得点
在籍時期:2003-05

6位:ロビン・シモヴィッチ(スウェーデン)

生年月日:1991年5月29日
Jリーグ通算成績:69試合/29得点
在籍時期:2016-17

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top