歴代最強の「山田」集結! Jリーグ苗字ベストイレブン。元サッカー日本代表も、歴代成績で選ぶ11人は?

2022年06月30日(木)6時30分配信

シリーズ:Jリーグ苗字ベストイレブン
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

DF

Yamada-DF
【写真:Getty Images】



 DF登録の山田選手は10人で、その中でもJリーグで最も出場しているのが山田卓也。桐蔭学園、駒澤大学を経て1997年にヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)に加入した。クラブ名変更、J2降格を経験した。日本代表としても4試合に出場し、アメリカのFCタンパベイで5年間プレー。帰国後はFC今治と奈良クラブに在籍し、43歳まで現役を続けている。

 モンテディオ山形一筋の山田拓巳も外せない。市立船橋高校から加入し、今季で在籍15年目を迎える。J1時代を知る生き字引でもあり、18年からは主将を務めている。

 センターバックには、山田将之と山田尚幸を選んだ。山田将之は青森山田高校、法政大学を経てFC東京に加入し、2020年から大宮アルディージャでプレーしている。身体能力を活かした力強さが持ち味で、Jリーグ通算100試合出場を達成している。

 山田尚幸はJ3での経験が長い。2014年にブラウブリッツ秋田に加入し、2020年のJ2昇格に貢献。今季からは隣県のヴァンラーレ八戸でプレーし、J3通算200試合出場を達成している。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top