なぜか…ブラジル代表で輝けなかった5人の名手。クラブでは絶対的な存在も…選手層が厚すぎて試合に出られなかった選手たち

2022年07月07日(Thu)10時30分配信

シリーズ:代表で輝けなかった5人の名手
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

ブラジル代表で輝けなかった5人の名手

ブラジル代表はどのポジションを切り取っても世界トップクラスのタレントと選手層を擁している。今回は、選手層が厚すぎるがゆえに近年のブラジル代表で活躍できなかった5人の選手を紹介する。


元ブンデスリーガ得点王

20211101_グラフィッチ_getty
【写真:Getty Images】

FW:グラフィッチ(元ヴォルフスブルク)
生年月日:1979年4月2日
ブラジル代表成績:4試合1得点1アシスト
ブンデスリーガ成績:107試合59得点19アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 2008/09シーズンのブンデスリーガ得点王だ。サッカーを本格的に始めたのは20歳と遅く、ブレイク前の03年には韓国でもプレーした。05年からプレーしたサンパウロでコパ・リベルタドーレスやクラブワールドカップの優勝に大きく貢献して注目を集めた。

 07年夏にドイツのヴォルフスブルクに加入。同時期に加入したエディン・ジェコと2トップを組み、2008/09シーズンは25試合で28ゴールの大活躍。得点王のタイトルを獲得し、ヴォルフスブルクのブンデスリーガ初優勝の立役者となった。11年夏にヴォルフスブルクを退団してからは欧州から離れ、中東や母国ブラジルでプレー。17年限りで現役引退した。

 サンパウロでプレーしていた05年にブラジル代表デビューし、その試合でゴールも決めたが、そこから約5年間は代表から遠ざかった。南アフリカワールドカップの直前にブラジル代表に復帰。本大会のメンバーのメンバーにも選出され、1試合に出場した。しかし、ワールドカップ後は代表から遠ざかり、キャリアを通じてブラジル代表では4試合の出場に留まった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top