1位:フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ/イングランド代表)


【写真:Getty Images】


生年月日:2000年5月28日
市場価値:9000万ユーロ(約108億円)
21/22リーグ戦成績:28試合9得点5アシスト

 豊富な資金力を持つマンチェスター・シティには、毎年のようにビッグネームがやって来る。その中で下部組織出身選手が生き残るのは決して簡単なことではないが、この男はそれをやってのけた。現在22歳ながら、すでにシティで公式戦172試合に出場。今季中にも200試合出場を達成するだろう。

 トップチームデビュー当時からジョゼップ・グアルディオラ監督にそのスキルを絶賛されており、大切に育てられてきた。試合を重ねるごとに凄みは着実に増していて、直近2シーズンではいずれもリーグ戦9得点と2桁まであと一歩のところまで迫っている。ラヒーム・スターリングやガブリエル・ジェズスが抜けた今季は、クラブにとってさらに重要な存在となりそうだ。

 そんなイングランドの若武者の市場価値はデビュー以降右肩上がりで、現在は自己最高額の9000万ユーロ(約108億円)となっている。現状、世界で最も価値の高いMFだ。1億ユーロ(約120億円)超えを果たす日も、そう遠くないだろう。


【了】

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top