サッカー日本代表、森保一監督が絶賛したのは? PKは「彼だからこそ止められた」

2022年09月28日(水)10時30分配信

photo Shinya Tanaka
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース


【写真:田中伸弥】



森保が守護神を手放しで称賛

【日本 0-0 エクアドル キリンチャレンジカップ2022】

 キリンチャレンジカップ2022が27日に行われ、サッカー日本代表はエクアドル代表と0-0で引き分けた。日本代表は前半からエクアドル代表に主導権を握られる苦しい展開が続き、終盤にはPKも与えてしまった。だが「0-0」というスコアを見ればわかる通り、絶体絶命のピンチは何とか切り抜けることができた。



【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 日本代表を敗戦の危機から救ったのは、GKシュミット・ダニエルだった。80分、ペナルティエリア内でボールを収めようとした相手FWミカエル・エストラーダにDF谷口彰悟が接触し、エクアドル代表にPKを与えてしまう。

 しかし、シュミットは動じなかった。途中出場のFWエネル・バレンシアのPKを完全に読み切り、右に跳んでセーブ。蹴る前の駆け引きから相手エースストライカーを制してのPKストップに、日本の守護神は思わず吠えた。

 他にもビッグセーブは多数あった。PKの後にはゴールの枠ギリギリに飛んだ難しいシュートに目一杯腕を伸ばして触り、コーナーキックに逃れる場面も。シュミットの存在がなければ日本代表は敗れていてもおかしくなかった。

 森保一監督も試合後の記者会見で「ピンチも多かった中、ダン(シュミット)が最後の砦としてビッグセーブをしてくれたことで、試合がより引き締まったと思いますし、フィールドプレーヤーたちが勇気を持って、そして落ち着いて戦えることにつながったのかなと思っています」と守護神のパフォーマンスを称えた。

 さらに「PKのシーンやゴールの枠の左隅に飛んだシュートは、彼だからこそ止められたシュートだったと思います。そういったところで今日の試合でも非常に大きな仕事をしてくれた」と試合の流れを左右する場面での活躍ぶりを絶賛する。

 相手のクロスやセットプレーに対して積極的に飛び出していったことについても「彼の良さである高さというところを守備の時に見せてくれた」と森保監督。シュミットの持ち味でもあるビルドアップへの関与やロングフィードに対しても「彼のよさを、このプレッシャーのかかる試合の中で見せてくれた」と高く評価した。

 惜しみない賛辞の先に何があるか。それはカタールワールドカップでの正守護神の座だ。23日のアメリカ合衆国代表戦に先発したGK権田修一は、試合中に背中を痛めた影響で日本代表を途中離脱していた。

 カタールワールドカップアジア最終予選まで日本のゴールマウスに君臨した権田の状態も気がかりだが、シュミットにはかつてないほどにポジション奪取のチャンスが広がっている。ワールドクラスのサイズを誇る大型GKが、ついに日本代表で定位置を獲得することになるだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top