Home » 海外サッカー » 代表 » カタールW杯戦力値ランキング21~25位。出場国の戦力を分析。サッカー日本代表は…

カタールW杯戦力値ランキング21~25位。出場国の戦力を分析。サッカー日本代表は…

2022年10月14日(金)6時30分配信

シリーズ:カタールW杯戦力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カタールW杯 最新ニュース

カタールワールドカップ開幕まで2か月を切り、先月下旬に各チームは本大会前最後の活動期間を終えている。各チームがどのような戦力を持ち、どのような調子なのかは気になるところ。今回は、出場32チームの戦力を数値化し、ランキング形式で21~25位を紹介する。



韓国代表


【写真:Getty Images】

戦力値ランキング:25位
監督:パウロ・ベント
予選成績:7勝2分1敗
FIFAランキング:28位
戦力値:64(攻撃18/守備15/選手層14/勝負強さ17)


【今シーズンの欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 アジア最終予選は消化試合となった最終節こそ敗れたが、危なげなくワールドカップ出場権を手にしている。しかし、2018年から続くパウロ・ベント政権への評価は決して高くない。2019年のアジアカップは準々決勝敗退、2年続けて日本代表に大敗を喫するなど、順風満帆とは言えない。選手からの信頼はあるものの、サポーターの支持もあまり得られていないようだ。

 ソン・フンミンを筆頭とする攻撃陣は豪華だ。ファン・ヒチャン、ファン・ウィジョなどは高いレベルでプレーしており、アジア予選でも結果を残している。至宝と呼ばれたイ・ガンインは指揮官の信頼を得られていないが、予選を勝ち抜いた中心メンバーだけでも十分な力はある。

 今季からナポリでプレーしているキム・ミンジェと経験豊富なキム・ヨングォンのセンターバックは、日本代表にも引けを取らない。守護神キム・スンギュは柏レイソルで出場機会を失ったものの、サウジアラビアに出場機会を求めた。大会直前にポジションを失った4年前の雪辱を果たす準備は整っている。

 グループステージではポルトガル代表、ガーナ代表、ウルグアイ代表と対戦する。単純なタレント力で見れば、ガーナやウルグアイにも対抗できる力を持っている。前回大会ではドイツ代表から金星を奪っており、今大会でもベント監督がかつて指揮した母国ポルトガルの弱みも知っているだろう。韓国代表はグループHのカギを握る存在になりそうだ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top