ドイツ代表の大失態とサッカー日本代表の成長。歴史的勝利で覆した“数的優位”の前提【コラム】

2022年11月24日(木)7時50分配信

text by 西部謙司
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表は現地時間23日、FIFAワールドカップカタール・グループE第1節でドイツ代表と対戦し、2-1で勝利した。歴史的勝利の過程には日本代表のシステム変更、ドイツ代表の失態など、実に多くの要素があった。そして、数的優位という前提条件を抜きに戦えることを証明した試合となった。(文:西部謙司)


ドイツ代表の可変に苦しむサッカー日本代表


【写真:田中伸弥】

 デットマール・クラマーから教えをうけていたころ、日本代表がドイツ代表に勝利する日が来ると思っていた人はほとんどいなかっただろう。歴史的な勝利だった。

【カタールW杯の結果を予想して当選金をゲット!
1試合予想くじ「WINNER」の無料会員登録はこちら!】


 前半の立ち上がりは日本代表の果敢なプレスがドイツ代表のミスを誘い、カウンターから前田大然がネットを揺らしたがオフサイド。しかし、これ以降はドイツの可変によるマークのズレを修正できず、イルカイ・ギュンドアンのPKで1点のビハインドで折り返す。

 ドイツは4-2-3-1システムとされていたが、ビルドアップの段階で3バックとなり、左SBのダヴィド・ラウムが高い位置へ張り出す。同時に左サイドハーフのジャマル・ムシアラが中央へ入ってくる。このドイツ代表の可変は十分想定できるものだった。

 日本代表は伊東純也がポジションを下げ、酒井宏樹がラウムとムシアラの両方をにらみながらボランチと連係して守っていた。しかし、ドイツ代表のヨシュア・キミッヒ、イルカイ・ギュンドアン、ムシアラが中盤を制圧し、中央に日本代表の守備陣を圧縮させてから左でフリーになっているラウムへ展開して一気に攻勢をかけた。

 日本代表はペナルティーエリア内で防ぐのが精一杯となる。ロスタイムにカイ・ハフェルツがゴールしたがこれは明らかにオフサイド。この前半に2点目をとられずに踏ん張れたことが勝利につながった。とはいえ、前半のうちに守備の修正をかけなかったのは致命傷を負いかねない状況であり、1点ですんだのは幸運だったかもしれない。

1 2 3

新着記事

↑top