サッカー日本代表 最新ニュース


【写真:田中伸弥】



サッカー日本代表、コスタリカ代表戦予想スタメン&フォーメーション

 サッカー日本代表は現地時間27日、FIFAワールドカップカタール・グループE第2節でコスタリカ代表と対戦する。劇的な勝利を収めたドイツ代表戦の記憶も冷めやらぬ中、グループリーグ突破の可能性が生まれた第2戦の先発メンバーを予想する。



【カタールW杯の結果を予想して当選金をゲット!
1試合予想くじ「WINNER」の無料会員登録はこちら!】


 中3日で3連戦という過密日程であり、第1戦で、特に長い時間プレーした選手の疲労は計り知れない。ドイツ代表戦から数名、メンバーを変更することになるだろう。

 ゴールマウスを守るのは、ドイツ代表のゴールを弾き続けた権田修一を予想する。前半に与えたPKの責任はあるが、そこで崩れずにビッグセーブを連発した。コスタリカ代表戦はボールを持つ展開が予想されるが、GKを変える必要性はあまり感じない。

 最終ラインは吉田麻也と谷口彰悟のコンビを予想する。冨安健洋はドイツ代表戦翌日の練習で別メニューとなっているため、無理はさせられない。ドイツ代表戦、特に前半における吉田のパフォーマンスには疑問符が付くが、第3戦にベストのコンビを揃えるために板倉を休ませるという判断をすべきではないだろうか。

 酒井宏樹も冨安同様に試合翌日の練習から外れているため、先発から外れる可能性がある。その場合の代役は山根視来だ。インテンシティの高い展開では不安定なプレーを見せることもあったが、コスタリカ代表戦ではその攻撃力の高さが活かされるのではないだろうか。左サイドバックは初戦で出場機会のなかった伊藤洋輝を予想する。

 中盤はコンディション次第という側面がある。太ももに違和感を抱えていた守田英正は全体練習に復帰してから数日経っているが、コスタリカ戦の出場は流動的だ。ドイツ代表戦でフル稼働した遠藤航は休ませた方がいいかもしれないが、田中と柴崎岳のコンビは不安を残すため、初戦と同じ田中と遠藤のコンビになる可能性も考えられる。

 2列目は伊東純也、鎌田大地、三笘薫の3人を予想する。引いた相手を崩すには、三笘の突破力が必要だ。ドイツ代表戦の同点ゴールで起点になったように、相手の目線を集めて周囲を活かすこともできる。伊東と鎌田についてはもはや説明不要だろう。

 1トップには上田綺世の抜擢があるのではないだろうか。敵陣でボールを持つ展開では、前田大然や浅野拓磨の活躍の場は限られる。高い位置でボールを収められる上田を長い時間起用する方がベターだろう。

 同日に開催される試合でドイツ代表がスペイン代表に勝利すると、日本代表がコスタリカ代表に勝利してもグループリーグ突破は決まらない。第3戦を見据えつつも、第2戦で勝利を目指すという難しいタスクを森保一監督はしなければならない。

1 2

新着記事

↑top