Home » サッカー最新ニュース » Jリーグ総合評価ランキング【横浜FC】大幅入れ替えは吉と出るか凶と出るか。21人が新加入

Jリーグ総合評価ランキング【横浜FC】大幅入れ替えは吉と出るか凶と出るか。21人が新加入

2023年02月08日(水)7時20分配信

シリーズ:Jリーグ総合評価ランキング

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

横浜FC

 例年よりも長いオフを経て、明治安田生命J1リーグは2月17日に開幕を迎える。オフの間に去る選手もいれば、新たに加入した選手もいるが、各クラブはどのように変化したのだろうか。1月下旬に掲載した「補強評価」では全18クラブの昨季からの変化を5段階(A~E)で格付けしたが、今回は戦力を総合的に比較して5段階で格付けする。


昨季順位:J2・2位
総合評価:E


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 21人の新加入選手を迎えて、横浜FCは2年ぶりのJ1に挑む。現実的な目標となるJ1残留は決して簡単なものではないが、降格枠が1つに減ったことは横浜FCにとって追い風となるだろう。

 メンバーは大幅に入れ替わったが、核となる選手は残留している。特に守護神スベンド・ブローダーセン、J2得点王でMVPに輝いた小川航基、チーム最多アシストの長谷川竜也が残留したのは大きい。

 チームとしての骨格は残しつつ、J1で経験のある三田啓貴、井上潮音、吉野恭平といった選手が加わり、小川慶治朗が復帰。左サイドバックの橋本健人やドリブラー坂本亘基は、J2では収まりきらない才能を見せていた有望株だ。彼らがレベルアップした姿をJ1で見せられれば、ライバルチームに対抗できるスカッドが完成する。

 高塩隼生、清水悠斗、ヴァンイヤーデン・ショーンの3選手がユースから昇格し、大卒ルーキーが3人、高卒ルーキーが1人。多くの若手が加入し、スカッドは大幅に若返った。戦力が噛み合ったときの期待は大きく、横一線の競争は個々のレベルアップにつながるはずだ。一方で戦力的には未知数の部分が大きく、昨季から大きく顔触れが変わったことでスタートダッシュには不安を残す。

【了】

新着記事

↑top