Home » 海外サッカー » プレミアリーグ » 【三笘薫の解体新書/前編】ドリブルを止める方法は?「簡単です。でも無理なんです」身体動作のスペシャリストが解剖

【三笘薫の解体新書/前編】ドリブルを止める方法は?「簡単です。でも無理なんです」身体動作のスペシャリストが解剖

2023年03月23日(木)10時00分配信

text by 石沢鉄平 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , ,

三笘薫 最新ニュース

 サッカー日本代表FW三笘薫は、なぜ世界最高峰のプレミアリーグでも圧倒的な輝きを放っているのか。身体動作に関する暗黙知をすべて言語化してきたパフォーマンスアーキテクトの里大輔は、「勝ちラインの距離が長い」と言う。3月8日に書籍『身体動作解体新書 現象を本質的に分解してパフォーマンスを上げる』(カンゼン)を上梓した里に三笘のドリブルを分解してもらった。今回は前編。(文:石沢鉄平)


三笘薫は何がすごいのか?


【写真:Getty Images】

 例えば、“サッカー沼”に片足を踏み入れようとしているパートナーに「三笘って何がすごいの?」と聞かれたとしたら、あなたはどのように答えるだろうか。「切り返しが速い」――。確かに間違ってはいない。「シンプルに速い」――。こちらも正解といえる。では、まだ納得がいっていなさそうなパートナーに「なんで速いの?」と畳みかけられたとしたら……。「フィジカルが強いからでしょ」と、会話自体をそれこそ沼の奥底に沈めてしまうかもしれない。

【『身体動作解体新書 現象を本質的に分解してパフォーマンスを上げる』
の詳細・購入はこちら】


 身体動作に関する暗黙知をすべて言語化して、さまざまな競技の選手に伝えてきたパフォーマンスアーキテクトの里大輔に三笘薫のプレー写真(ドリブル時)を数点見せると、間髪入れずに「上半身の姿勢の良さ、ですね」という答えが返ってきた。

「確かに三笘選手のすごさを言語化すれば、『切り返しが速い』『シンプルに速い』、そして『フィジカルが強い』となります。ただ、これは現象の説明にすぎません。三笘選手のすごさの本質は『上半身の正しい姿勢』で、具体的に言えば、『みぞおちとへその間の距離が長い』、つまり『勝ちラインの距離が長い』ということになります」

「勝ちライン」は里独自の用語で、「勝ちライン」があると上半身のラインの歪みが解消し、それにより上半身と下半身を繋ぐ筋が働くようになる。必然的に力が逃げなくなりシームレスな加速を担保できる、というわけだ。つまり、三笘の「現象」のひとつである「切り返しの速さ」を生んでいるのは、その安定した上半身の姿勢、勝ちラインの長さ(写真1)、そう、これこそ里が言う「本質」ということになる。さらに里はこう付け加える。

1 2 3

新着記事

↑top