フットボールチャンネル

日本代表 10か月前

遠藤航が見たリアルな現実。サッカー日本代表ボランチ、田中碧と伊藤敦樹の現在地【現地コラム】

シリーズ:コラム text by 元川悦子 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

 サッカー日本代表は現地時間12日、キリンチャレンジカップ2023でトルコ代表と対戦し、4-2で勝利した。この試合では遠藤航と守田英正に代わり、伊藤敦樹と田中碧がボランチで先発。伊藤に代表初ゴールが生まれるなど、良さも出た一方で、遠藤らとの差も顕著に表れていた。(取材・文:元川悦子【ベルギー】)


遠藤航と守田英正が不在のボランチ

サッカー日本代表ボランチ(田中碧、伊藤敦樹、守田英正、遠藤航)
【写真:Getty Images】

「中2日でのトルコ戦になりますので、ドイツ戦からは大幅にメンバー変更をして試合に臨みたいなと思います」

【AFC アジアカップは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 日本代表の森保一監督が試合前日に公言した通り、12日のトルコ代表戦は9日のドイツ代表戦からスタメン10人を変更。全く新たなチームで挑むことになった。

 先発11人の中で、昨年のFIFAワールドカップ(W杯)で先発経験があるのは、谷口彰悟と田中碧、堂安律、久保建英の4人だけ。しかも、今月10日に25歳になったばかりの田中碧がキャプテンマークを巻くというフレッシュな陣容だ。代表経験の乏しい面々がユーロ(欧州選手権)2024予選グループCで2位につけるトルコ代表にどんな戦いを見せるのか。そこは非常に興味深かった。

 特に、注目すべき点だったのが、遠藤航と守田英正が不在のボランチ陣。今や「鉄板コンビ」となった2人が揃って不在となると、攻守両面への影響は少なくない。そこで、田中碧と伊藤敦樹の「同級生コンビ」が新たな色合いをもたらしてくれれば、日本代表の戦い方の幅も広がる。そんな期待も高まった。

 だが、序盤の日本代表はトルコ代表に押され気味だった。相手アンカーのサリフ・エズジャンらを中心とした球際や当たりの強さに苦しみ、ゲームコントロールに苦慮している印象もあった。

 それでも、15分、彼らは効果的な崩しから目の覚めるような先制弾をお見舞いする。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top