Home » Jリーグ » 最高額は誰だ!J2日本人選手市場価値ランキング1〜10位【2023シーズン最新版】

Jリーグ 最新ニュース

 2023シーズンのJ2は残すところJ1昇格プレーオフのみ。今後は補強も活発になってくる。J2でプレーする日本人選手の中で最も市場価値のある選手は誰なのか。データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は23日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠


10位:林誠道(ツエーゲン金沢)

ツエーゲン金沢の林誠道
【写真:Getty Images】

生年月日:1996年4月4日(27歳)
市場価値:65万ユーロ(約9100万円)
2023リーグ戦成績:35試合7得点2アシスト


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 ツエーゲン金沢に所属する27歳の林誠道はJリーグでの経験が豊富な選手だ。同選手は2015年に大阪産業大学附属高からガイナーレ鳥取に加入。同年の開幕戦でいきなりデビューを果たした。プロ1年目のシーズンは途中出場が多く、27試合に出場し1得点1アシストという成績だった。

 林が鳥取で主力に定着したのは2019シーズンだった。8月、10月と月間MVPを2度受賞。シーズン終盤は怪我で離脱するも、リーグ戦26試合の出場でチーム得点王となる11得点を記録した。2020年には同じくJ3のFC今治へ完全移籍している。

 今治でもコンスタントに出場機会を積み重ね、31試合に出場し8得点1アシストの活躍。J3での活躍が認められると、2021年にはモンテディオ山形へ加入となった。J2初挑戦ながらリーグ戦36試合に出場し、6得点3アシストを記録している。そして2022年から金沢でプレーすることとなった。

 2022シーズンは全42試合に出場。キャリアハイとなる13得点の活躍を見せた。市場価値も金沢に来てから急上昇。2021年6月時点では25万ユーロ(約3500万円)だったが、65万ユーロ(約9100万円)まで上げている。急成長を見せた林のポテンシャルはまだ高いだろう。今後の市場価値上昇も期待できる。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top