Home » サッカー最新ニュース » 久保建英が明かした幻のプラン。「前の選手は疲れた」サッカー日本代表はインドネシア代表に勝利【アジアカップ2023】

久保建英が明かした幻のプラン。「前の選手は疲れた」サッカー日本代表はインドネシア代表に勝利【アジアカップ2023】

2024年01月25日(木)9時12分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース


幻のプランがあったと明かす久保建英

サッカー日本代表の久保建英
【写真:Getty Images】

 サッカー日本代表は24日、AFCアジアカップカタール2023・グループリーグD組第3節でインドネシア代表と対戦した。日本代表はこの試合に3-1で勝利し、同組2位での決勝トーナメント進出を決めた。この試合で2試合連続の先発出場を果たした久保建英が、試合後のインタビューに応じている。

アジアカップはDAZNが独占配信!
月額720円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 前半における日本代表のボール支配率は77%と示す通り、チームは序盤からボールを保持してゲームを進めていた。ボールロスト時には、冨安健洋が中心となったハイプレス戦術を披露。久保も積極的に前からプレスをかけて、インドネシア代表に思うような攻撃をさせなかった。

 試合後に、久保は「勝ててよかったですね、とりあえず」とインドネシア戦を振り返った上で「本当は前からいかずに後ろに引くっていうプランもありました」と実現しなかった幻のプランがあったことを明かし、この試合のチームの守備について次のように評価した。

「(プレスに)行けたんで前から全部行った。前の選手はつかれましたけど、そのぶん後ろの選手は楽したと思う。前半やりすぎて後半は疲れたけど、前半の感じでいけば徐々にコンディション上がってくると思いますし、前半の出来には個人的には満足してます」

 また、自身のプレーについては「ちょっと芝の状態がよくなかったので、ゴロのパスが思うようにいかないところがあった。相手に取られてしまったりとか。ボールが詰まったりとか、観ていてわかりずらいと思うんですけど、相手のプレッシャーとか関係なくひとりでボールをうまく持てないところがあった」と反省点を挙げている。

 勝利した日本代表は2位でのグループステージ突破が確定。次戦は31日、ラウンド16でグループEの1位チーム(ヨルダン代表、韓国代表、バーレーン代表のいずれか)と対戦する。

【関連記事】
英国人が見たサッカー日本代表対インドネシア戦「冨安健洋は間違いなく…」「プレミアで見たいのは…」「ゴールラッシュは夢?」
サッカー日本代表、文句なしのMVPは? メンバー大幅変更で快勝【インドネシア戦どこよりも速い採点/アジアカップ2023】
なぜ呼ばれない? サッカー日本代表に招集されなかった実力者5人

アジア杯をDMM×DAZNホーダイで観る

【了】

新着記事

↑top