フットボールチャンネル

日本代表 5か月前

英国人が見たサッカー日本代表対インドネシア戦「冨安健洋は間違いなく…」「プレミアで見たいのは…」「ゴールラッシュは夢?」

シリーズ:英国人が見た○○戦 text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表は24日、AFCアジアカップカタール2023・グループリーグD組第3節でインドネシア代表に3-1で勝利し、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。この一戦について、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)


「インドネシアは100回対戦すれば99回勝てるかもしれませんが…」

サッカー日本代表
【写真:Getty Images】

――本日もよろしくお願いします。日本代表は第2戦から先発メンバーを入れ替えました。GK鈴木彩艶、MF遠藤航、MF久保建英以外の8人を先発起用し、7人が今大会初先発になりました。

アジアカップはDAZNが独占配信!
月額720円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


「変更については非常にいいと思います。最初の2試合で少し苦戦した選手は休ませて、フレッシュでハングリーな選手を使うことで、チームにいい影響を与えると思います」

――普段通りの力を発揮できれば、勝利することは決して難しくないと思いますが、イラク代表戦のように苦戦する可能性もあります。

「立ち上がりからファイトする姿勢を見せないといけないと思います。勝ちたい気持ちをボールを保持するときも、非保持のときも。インドネシアは100回対戦すれば99回勝てるかもしれませんが、今日がその1つにならないように、絶対に勝ちたいんだという気持ちを見せないと!」

――イラク代表戦ほどではありませんが、インドネシア代表も声援を送っているサポーターは多いので、アウェイの雰囲気になりそうです。

「だからこそファイトの姿勢が重要です。その雰囲気に負けられません」

――日本代表は遠藤をアンカーに置く4-1-4-1の布陣です。久保と旗手怜央がインサイドハーフ、堂安律が右サイドに入ります。

「積極的な変更ですね」

――上田綺世がボックス内で倒されましたがノーファウルの判定でした。いや、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)がチェックしていますね…。

「絶対にPKだと思います」

――主審がOFR(オン・フィールド・レビュー)を行い、日本代表にPKが与えられました。

「キッカーは誰かな?」

――背番号9。上田綺世がスポットに立ちました。

「頼みます! 完璧なPKですね。キーパーもコースは合っていたけど、シュートが強くて止められなかった」

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top