フットボールチャンネル

日本代表 5か月前

サッカー日本代表、予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。中2日のイラン戦で変更するのは?【アジアカップ2023】

シリーズ:日本代表予想スタメン&フォーメーション text by 編集部 photo by Getty Images

DF:毎熊晟矢(背番号16)

サッカー日本代表の毎熊晟矢
【写真:Getty Images】


生年月日:1997年10月16日(26歳)
所属クラブ:セレッソ大阪
2023リーグ戦成績:31試合1得点2アシスト
日本代表通算成績:7試合0得点2アシスト

 2022年のFIFAワールドカップ以降に右サイドバックのファーストチョイスとして定着しつつあった菅原由勢は今大会で良さを発揮できずに苦しんでいる。その一方で、菅原に代わってグループステージ第3節から2試合続けて先発起用された毎熊晟矢は自信の持ち味を活かしている。

 ラウンド16では攻撃面での特徴がいかんなく発揮された。中央に絞った位置で遠藤航からパスを受けて右足を振り抜くと、シュートがポストに直撃して跳ね返りを堂安律が押し込んだ。さらに、上田綺世の動き出しに合わせて正確なパスをつけ、上田のゴールをアシスト。2得点に絡む活躍を見せたのだった。

 アジアではシンプルなフィジカル勝負を挑まれるケースも多いが、毎熊は先発した2試合のデュエルで21戦14勝(データサイト『Sofasocore』を参照)と大きく上回っている。攻撃面では久保建英や堂安律との相性も良く、今大会では今後もこのセットが中心となりそうだ。

DF:中山雄太(背番号19)

サッカー日本代表の中山雄太

【写真:Getty Images】

生年月日:1997年2月16日(26歳)
所属クラブ:ハダースフィールド(イングランド)
23/24リーグ戦成績:19試合0得点1アシスト
日本代表通算成績:22試合0得点2アシスト

 グループステージ第1節、第2節と伊藤洋輝が左サイドバックでプレーしたが、第3節、そしてラウンド16では中山雄太が先発起用されている。どちらも所属クラブでは主力の1人で、頼もしい活躍を見せているが、今大会では中山の方がいいパフォーマンスを見せていると言えるだろう。

 2022年11月にアキレス腱を断裂し、直後のFIFAワールドカップカタール2022出場を断念したが、昨夏に実戦復帰して10月に日本代表にも戻ってきた。クラブでは3バックの左を主戦場に、左ウイングバックや中盤でプレーすることもあり、持ち前のポリバレントさをいかんなく発揮して、タフなEFLチャンピオンシップを舞台に活躍している。

 中山の貢献は数字に表れにくい。それでも、相手の嫌がるプレーを探り当てて選ぶ能力が高く、味方の特徴を引き出すのがうまい。バーレーン代表戦の先制ゴールのシーンでも中山の絶妙なポジショニングから相手の守備ブロックを日本代表の左サイドに寄せた結果として、毎熊晟矢のミドルシュートから堂安律のゴールが生まれた。特徴を持った選手の多い日本代表というチームが輝くためにも、中山という潤滑油は必要不可欠になる。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top