Home » フットボール批評オンライン » 久保建英を下げたサッカー日本代表が失ったもの。スペイン人指導者がイラン戦を分析。右サイドに起きた問題とは【アジアカップ】

久保建英を下げたサッカー日本代表が失ったもの。スペイン人指導者がイラン戦を分析。右サイドに起きた問題とは【アジアカップ】

2024年02月07日(水)8時00分配信

シリーズ:スペイン人指導者の視点
text by 川原宏樹 photo Shinya Tanaka
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表はAFCアジアカップカタール2023準々決勝でイラン代表に敗れ、ベスト8という結果に終わった。優勝候補と謳われながら、準々決勝で姿を消すことになった原因はどこにあるのか。1-2で敗れたイラン代表戦をスペイン人指導者アレックス・ラレアが分析する。(取材・文:川原宏樹)


【プロフィール】アレックス・ラレア

プロ選手としてカナダでプレーした後、指導者の道に進み、欧州最高位の指導者ライセンスUEFA PROを取得する。2020年からは元スペイン代表、元ヴィッセル神戸のダビド・ビジャが主宰するサッカースクール『DV7サッカーアカデミー』日本支部のディレクター・コーチを務める。

ダビド・ビジャとアレックス・ラレア
【写真:川原宏樹】

大会を通じて露呈した課題「本来の力を出し切れないまま…」

 UEFA PROライセンス保持者のアレックス・ラレアはグループステージの戦いぶりを見て、「サイドバックのポジショニングが修正点」と指摘していたが、決勝トーナメントに入ってからの戦いぶりをどのように分析したのだろうか。また、この大会を通して浮かび上がった日本代表の課題についても言及した。

アジアカップはDAZNが独占配信!
月額720円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 日本代表の今大会総括について話す前に、「本来の力を出しきれないまま敗退してしまったのはすごく惜しい」と、ノックアウトステージに入ってからの戦いぶりを振り返った。

「(ラウンド16の)バーレーン戦で日本代表はボールを支配しながら試合を進めることができており、明るい兆しが見えていました。しかし、(準々決勝の)イラン戦ではグループステージで露呈した問題と同じような問題が発生していました。前回は、サイドバックのポジショニングとチームとしての横幅の使い方が重要になるという話をしました。ですが、イラン戦ではグループステージと同様にそれがうまくできていませんでした」

 イラン戦では戦術的にサイドバックのポジショニングがスムーズな攻撃を妨げたと指摘。それは特に右サイドで見られた現象だと詳しく説明を加えた。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top