フットボールチャンネル

フォーカス 1か月前

ギリギリ? サッカー日本代表、当落線上のアジア杯メンバー6人。外れる可能性があるのは?

シリーズ:当落線上の5人 text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

3月のFIFAワールドカップ2026アジア2次予選兼AFCアジアカップサウジアラビア2027予選に臨むサッカー日本代表メンバーが14日に発表される。先のAFCアジアカップ2023に出場した選手の中で、現状当落線上にいる選手は誰なのか。今回は6人をピックアップして紹介する。(成績は11日時点の『transfermarkt』を参照、三笘薫ら今季絶望の選手は選外)


DF:菅原由勢(AZ/オランダ)

日本代表DF菅原由勢
【写真:Getty Images】

生年月日:2000年6月28日(23歳)
23/24リーグ戦成績:21試合1得点5アシスト
日本代表通算成績:11試合1得点1アシスト

日本代表はDAZNで!
月額720円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 菅原由勢にとってA代表では初の国際大会となったAFCアジアカップ2023は厳しい大会だった。森保一新体制となってから不動の右SBに定着していた同選手だが、グループリーグ初戦のベトナム代表戦と第2節イラク代表戦にて、守備で不安定な一面を露呈。毎熊晟矢(セレッソ大阪)にポジションを奪われると、最後まで出番は訪れなかった。

 この大会で明らかとなったのが日本代表の空中戦の弱さである。左から伊藤洋輝(中山雄太)、冨安健洋、板倉滉と並んだ時にどうしても右SBが菅原と毎熊では跳ね返す能力が足りない。イラク代表戦とイラン代表ではそこを狙われ続け、空中戦で分が悪いところから起点を作られた。

 これを個人の質で改善するのであれば、今冬にルートン・タウンへと移籍した橋岡大樹の招集が現実味を帯びてくる。プレミアリーグという新たな環境に身を置いた24歳のDFは、184cmと上背があり、菅原や毎熊とは違う個性を持っている。今後アジア諸国が、AFCアジアカップで露呈した日本代表の弱点を突いてくるのであれば、橋岡の起用が増えることが予想され、逆に序列を落とした菅原が当落線上となる可能性もあるだろう。
 

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top