フットボールチャンネル

フォーカス 3か月前

クラブ大崩壊…。Jリーグ、大失敗した日本人レジェンド監督6人。選手時代は圧巻も…。指導者としてはガッカリ

text by 編集部 photo by Getty Images

釜本邦茂(元日本代表FW)


【写真:Getty Images】


生年月日:1944年4月15日
主な監督歴:ガンバ大阪(1993-1995)

 言わずと知れた日本サッカー界のレジェンドである釜本邦茂もまた、「名選手、名監督にあらず」を体現してしまった1人である。

 現役時代には日本代表のストライカーとして、公式戦76試合に出場して75得点という驚異的なスタッツをマーク。この記録は現在も日本代表歴代最多得点となっている。1968年に開催されたメキシコ五輪では、アジア人史上初となる得点王(7得点)に輝いた。

 そんな輝かしい実績を持つ釜本は、1993年にガンバ大阪の初代監督に就任。しかし、Jリーグ発足1年目となる1993シーズンは年間7位、2年目の1994シーズンは年間10位と成績は低迷し、わずか2年で監督を解任されることになった。主力選手との確執があったとされ、監督としての力量は十分ではなかったと言わざるを得ない。監督としてのJ1戦績は80試合31勝49敗となった。

 それでも、釜本が日本サッカー史に名を刻むレジェンドプレイヤーであることに異論があるはずが無く、2005年には日本サッカー協会が選ぶ「第1回日本サッカー殿堂」入りを果たしている。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top