フットボールチャンネル

フォーカス 4週間前

今から見ておけ! J3に眠る超逸材選手6人。J1、J2のクラブ大注目! レベルが高い男たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

明治安田J1、J2リーグに負けじと、J3リーグも連日盛り上がりを見せている。そんな中で、今後J1やJ2の舞台にステップアップしていきそうな選手は誰なのか。今回は、J3リーグで活躍する23歳以下の超逸材選手を6人ピックアップして紹介する。※成績は4月30日時点


FW:和田育(わだ・はぐみ)

和田育
【写真:Getty Images】

所属クラブ:アスルクラロ沼津
生年月日:2000年12月19日 (23歳)
2024リーグ戦成績:11試合8得点0アシスト

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 元日本代表の中山雅史監督率いるアスルクラロ沼津の攻撃陣を支えているのがFW和田育だ。第11節終了時点でのリーグ戦得点数は「8」を数えており、得点ランキング1位タイにつけている。中山監督の現役時代と同じポジションで、同じく筑波大学出身。同監督のように日本を代表するストライカーへと覚醒できるか注目だ。

 阪南大高校でキャプテンを務めていた和田は筑波大学へ進学し、2023シーズンより沼津へ加入となった。プロ1年目のシーズンは32試合に出場し、うちスタメンは14試合で、3得点1アシストとまずまずの成績を残した。そして、今季はシーズン序盤から大ブレイク。第2節のガイナーレ鳥取戦で2ゴールを決めると、第7節〜9節まで3試合連続のゴールを記録した。

 センターフォワードでの起用が多い和田だが、ウィングとしてもプレーでき、持ち前のスピードを活かしてゴールを量産できる。今季このまま得点を量産し続ければ、上のカテゴリーへのステップアップもあるかもしれない。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top