フットボールチャンネル

フォーカス 2週間前

最も稼いでいるのは? 欧州日本人、年俸ランキング1〜10位。クラブから高い評価を得ているのは?

シリーズ:年俸ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

海外日本人選手 最新ニュース

現在、多くの日本人選手がヨーロッパ5大リーグでプレーしている。最高峰の舞台で戦う彼らの中で、最も高額な年俸を受け取っているのは誰なのか。今回は欧州5大リーグに所属する日本人選手の年俸ランキングを紹介する。※推定年俸は『Capology』を、スタッツは『transfermarkt』を参照。


10位:長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)

フランクフルトの長谷部誠
【写真:Getty Images】

生年月日:1984年1月18日
推定年俸:140万ユーロ(約1億9600万円)
23/24リーグ戦成績:7試合0得点0アシスト

今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 欧州5大リーグでプレーする日本人選手の年俸ランキングで10位にランクインしているのは、サッカー元日本代表キャプテンの長谷部誠だ。今季でフランクフルト在籍10シーズン目となり、これまでタイトル獲得にも貢献してきた長谷部は同クラブにとっても偉大な存在だ。

 フランクフルト加入直後の年俸は84万ユーロ(約1億1760万円)であった。そこから徐々にではあるが、長谷部は年俸をアップさせ続けてきた。現在の年俸は140万ユーロ(約1億9600万円)で、この金額の契約にサインしたのは2022年2月のことだ。当時38歳という年齢で20万ユーロ(約2800万円)の年俸アップを勝ち取っており、このことからもクラブから厚い信頼を寄せられていることがうかがえる。同年5月にはUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝戦のピッチに立って好パフォーマンスを発揮。優勝の立役者の一人となっており、その信頼にしっかりと応えている。

 近年は年齢も影響してかプレー時間は限られたものになっているが、出場すれば安定感抜群のプレーで高い評価を得ることも多かった。そんな長谷部は先月に今季限りでの現役引退を発表した。日本とドイツ両国のレジェンドとなった彼の今後のキャリアにも注目が集まっている。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top