フットボールチャンネル

「戦術的な完成度は…」藤田譲瑠チマが感じるサッカーU-23日本代表の成熟。パリ五輪へ「選ばれたらやるだけ」

text by 編集部
パリオリンピック特集ページ

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

藤田譲瑠チマ
【写真:Getty Images】

「アピールっていう気持ちはなくて…」自身のアピールよりも大事なこと

 パリオリンピック(五輪)メンバー発表前の最後の親善試合としてアメリカ遠征を終えたサッカーU-23日本代表。日本時間13日に他の選手たちと一緒に日本に帰国した藤田譲瑠チマは、現地時間11日に行われたU-23アメリカ合衆国代表戦を振り返るとともに、開幕が来月に迫った五輪への意気込みを語ってくれた。

U-23日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 これまでU-23日本代表でキャプテンを務めてきた藤田は、この日もキャプテンマークを腕に巻きアンカーとしてフル出場。2−0の完封勝利に貢献した。

 選考前の最後の試合ということもあり、自身のアピールにも繋がったように見えるが、キャプテンの目線はあくまでチームの勝利にあった。

「自分に関しては特にアピールというよりかは、今まで積み上げたものを出せればいいかなと思っていました。特別この遠征でアピールっていう気持ちはなくて、チームがこの遠征で試合に勝つために戦いたいと思っていたので」

 優勝したAFC U23アジアカップを通じて「戦い方がはっきりした。戦術的な完成度が少しずつ上がった」と語っており、今回のアメリカ遠征を経てチームの成熟をより一層感じているという藤田は、パリオリンピックに向けた意気込みを冷静に答えてくれた。

「選ばれたらやるだけだと思いますし、自分もどうなるかわからないので、そこらへんは流れに任せたいと思います」

(取材・文:編集部)

【関連記事】
サッカーU-23日本代表、最も良かったのは? 完封勝利でアピールできたのは【U-23アメリカ戦どこよりも早い採点】
英国人が見たU-23日本代表「荒木遼太郎や山田楓喜は…」「小久保玲央ブライアンは常に…」
パリ五輪の“中心”になるはずが…。伸び悩んでしまった23歳以下の日本人選手6人

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!