ニコラス・タグリアフィコ

アルゼンチン代表

サッカー アルゼンチン代表 最新メンバー一覧(カタールワールドカップ南米予選)

アルゼンチン代表のチーム情報、最新選手一覧、ニュースは下記の通り

クリスティアーノ・ロナウド 20/21サッカー選手能力値ランキング

20/21 サッカー選手 能力値ランキング トップ100【選手一覧トップページ】

20/21シーズンのサッカー選手能力値ランキング1位〜100位が決定。フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

クリスティアーノ・ロナウド 20/21サッカー選手能力値ランキング

20/21 サッカー選手 能力値ランキング トップ100【選手一覧】

20/21シーズンのサッカー選手能力値ランキング1位〜100位が決定。フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20201211_argentina11to15_getty

最高額のアルゼンチン人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング11~15位。セリエA屈指のMF&GKが登場

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いアルゼンチン人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は12月10日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

1127Ajax_getty

アヤックスって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? 無尽蔵の才能の宝庫。ビッグクラブ注目の18歳が主力に

マタイス・デリフトやフレンキー・デヨングらを輩出したアヤックスは毎年のように主力選手が巣立っていくが、有望株が次々と活躍する。4シーズン目を迎えたエリック・テンハーグ監督は、経験豊富なベテランの若いタレントを融合して魅力あふれるチームを作っている。今回は、アヤックスの現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(成績は2020年11月26日現在)。

20201008_argentina_getty

アルゼンチン代表メンバーって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? 際立つ「個」、良くも悪くもメッシのチーム

ロシアワールドカップで早々に敗退し、コパ・アメリカ2019でも3位に終わったアルゼンチン代表。現在はそこからの立て直しを図っているが、リオネル・スカローニ監督は4-3-3、4-4-2、4-2-3-1といったシステムを頻繁に使い分けるなど、未だチームの形が定まっていない。メンバーは豪華だが、楽観視はできない状況と言えるだろう。今回は、そんなアルゼンチン代表の現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(代表成績は2019年11月18日のウルグアイ代表戦終了時のもの)。

0611argentina_getty

アルゼンチン代表メンバー予想! もし今年コパ・アメリカが開催されていたら…メッシが活きる前線の構成は?

今年行われる予定だったコパ・アメリカ2020(南米選手権)は、非常に残念ながら、新型コロナウイルスの影響で延期となってしまった。14度の優勝を誇るアルゼンチン代表は前回大会で3位に終わっており、南米王者を決めるこの大会で雪辱を期すつもりだったに違いない。そこで今回は、もしコパ・アメリカが行われていたら、アルゼンチン代表メンバーはどんな面々となっていたのかを予想する。

20200608_focus_getty

世界最高の左サイドバックは誰だ! LSB能力値ランキング6位~10位。長友佑都の元ライバルとは?(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は4月1日時点

20200420_focus_getty

世界のサッカー選手能力値ランキング66位~70位。世界最高級の点取り屋とは誰だ!?(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20200102_sabest11_getty

2019年南米ベストイレブンを選定。史上最高は健在、コパ・アメリカ制覇のブラジル代表ずらり【編集部フォーカス】

EUROやコパ・アメリカ、東京五輪とビッグイベント目白押しの2020年が幕を開けた。令和元年となった2019年、サッカー界では多士済々のタレントたちがまばゆい輝きを放った。今回、フットボールチャンネル編集部では2019年を彩った11人の名手を、ヨーロッパ国籍の選手限定でピックアップ。一体、誰が名を連ねたのだろうか。

新着記事

↑top