中国代表

東ア杯を戦う日本代表が警戒すべき6人。連覇狙うハリルJに立ちはだかる中韓北の選手たち

東ア杯を戦う日本代表が警戒すべき6人。連覇狙うハリルJに立ちはだかる中韓北の選手たち

日本代表は8月から開催される東アジア杯に臨む。大会2連覇に挑むハリルジャパンだが、対戦する相手は日本に対して並々ならぬ対抗意識を燃やしており、油断はできない。今回は、日本代表が警戒すべき6人の選手をご紹介しよう。

ケーヒルが見せた“絶対的エースの証明”。ワンプレーで試合を決める力。日本戦実現なら要注意な存在に

ケーヒルが見せた“絶対的エースの証明”。ワンプレーで試合を決める力。日本戦実現なら要注意な存在に

アジア杯開催国のオーストラリアは、準々決勝・中国戦を2-0で勝利。この試合、35歳のティム・ケーヒルがオーバーヘッドでのスーパーゴールを含む全2得点を決めて勝利を引き寄せた。日本はUAEに勝利すれば、次戦はオーストラリアそしてケーヒルと対戦する。

中国代表、躍進の鍵はACLの経験と運。準々決勝で開催国オーストラリア撃破を目指す

中国代表、躍進の鍵はACLの経験と運。準々決勝で開催国オーストラリア撃破を目指す

中国代表は初戦サウジアラビア戦での1-0の勝利に続き、ウズベキスタン戦を2-1と連勝し、早々にグループリーグ突破を決めた。北朝鮮との最終戦にも2-1で勝利した中国の躍進は、サプライズだともいえるだろう。

中国代表GKに「左へ飛んで」。サウジアラビア戦PKの危機を救った地元少年が話題に

中国代表GKに「左へ飛んで」。サウジアラビア戦PKの危機を救った地元少年が話題に

12日に行われたアジアカップ・オーストラリア大会のグループB初戦、サウジアラビア対中国の試合で、中国のGKワン・ダレイにゴール裏から助言し、PKをセーブさせた地元ブリスベン出身の少年スティーブン・ホワイト君が話題となっている。豪『フォックス・スポーツ』など複数メディアが報じた。

新着記事

↑top