那須大亮

那須大亮

那須大亮が目指す完全燃焼。幾多の挫折バネに這い上がったサッカー人生【谷間の世代と呼ばれて】

1979年生まれ組が「黄金世代」と称される一方で、「谷間の世代」と呼ばれていた1981年世代。ワールドユース(現U-20W杯)や五輪ではグループステージ敗退を経験したが、2010年の南アフリカW杯では決勝トーナメントに進出した日本代表チームで軸となる世代となり、今なおJクラブで主力を担う選手たちもいる。今季からヴィッセル神戸に加入したDF那須大亮は、キャリアを通じて幾多の挫折を乗り越え、移籍を繰り返し、その度に強くなってきた情熱あふれる不屈の男である。(取材・文:元川悦子)

Jリーグサポーターにはおなじみの平畠啓史さん

平畠啓史さんが選定! 「お金を払って見る価値のある」オーバー30のJリーガーたち【編集部フォーカス】

ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。Jリーグサポーターにはおなじみ、平畠啓史さんが、「お金を払って見る価値のある」30歳以上のJリーガー10人を選定!(※1986年生まれのは誕生日を迎えていない場合もあるので1985年以前生まれの選手から選出) いったい誰が選ばれるのか!(選定:平畠啓史/取材・文・構成:中山佑輔)

20150524_urawa_getty

ステージ優勝間近の浦和。チームに流れる「目の前の試合に勝つこと」への意識

無敗で首位を走る浦和レッズのステージ優勝が近づいている。しかし、チームに浮ついた雰囲気は全く流れていない。あくまで今節の清水エスパルス戦での勝利を目指す。

20141220_taguchi_getty

2014シーズン、J1ベスト30を発表。30位~21位

2014年、J1で印象に残った選手は誰だろうか。フットボールチャンネルでは植田路生(同サイト編集長)、チェーザレ・ポレンギ(同サイトマネージングエディター)、森哲也(フットボール批評編集長)、川口昌寿(フットボールサミット編集長)、ほか編集部による投票を実施し、ベスト30を選出した。今回は30位から21位を発表する。

20140921_nasu_getty

完勝の浦和が首位をキープ。リスクマネジメントをしながらゴールへの渇望は失わない

首位を走る浦和レッズは、柏レイソルに対して公式戦3連敗中だった。しかし、この日は浦和が攻守において高いクオリティを発揮した。

英国人記者が大推薦。ザックよ、伊野波・清武・大迫よりも那須・工藤・大久保を選出せよ!

英国人記者が大推薦。ザックよ、伊野波・清武・大迫よりも那須・工藤・大久保を選出せよ!

5月12日に迫ったW杯メンバー発表。これまで一貫した選手で戦ってきたザッケローニ監督だが、本大会に向けてどの選手を選択するのか。英国人記者が自らの視点で選手を選んだ。

新着記事

↑top