クリスティアーノ・ルイウ

イタリアサッカー界の愚か者どもに告ぐ。カルチョを支配した男・モッジの“最恐”GM論。

カルチョを支配した男・モッジの“最恐”GM論

8月17日(月)発売の『欧州フットボール批評special issue03』では、かつて“メルカートの王”としてイタリアサッカー界を支配した元ユベントスGMのルチャーノ・モッジに直撃インタビューしている。2006年に勃発したカルチョーポリから9年、今年3月に無罪判決を勝ち取った男は、カルチョの現状に何を想うのか。一部抜粋して掲載する。(翻訳:宮崎隆司)

「僕は決して“パンダ”じゃない」。世界屈指のレジスタ、ピルロが語る司令塔の存在意義

「僕は決して“パンダ”じゃない」。世界屈指のレジスタ、ピルロが語る司令塔の存在意義

4月6日発売の『欧州フットボール批評issue02』(カンゼン)では「司令塔はどこにいる? 戦術に“違い”を創り出す男たちの新たな居場所」と題した特集で、ユベントスのアンドレア・ピルロへインタビューを行っている。一部抜粋して掲載する。

【インタビュー】クラウディオ・マルキージオ(ユベントスMF)「僕のようなタイプのMFの場合は走れなければ存在意義がない」

【インタビュー】クラウディオ・マルキージオ(ユベントスMF)「僕のようなタイプのMFの場合は走れなければ存在意義がない」

発売中の『欧州フットボール批評issue01』(カンゼン)では「TOTAL FOOTBALL 2.0 進化する戦術の次世代モデル」と題した特集で、ユベントスのマルキージオにインタビューしている。高い戦術レベルが求められるセリエAにおいて、戦術の見極めに関して屈指の能力を持つと評価されるマルキージオが語る、“個人戦術”とは? 一部抜粋して掲載する(翻訳:宮崎隆司)。

【独占取材】マルディーニは本田への評価を変えたのか?「昨季から模範的だが、リーダーではない」

【独占取材】マルディーニは本田への評価を変えたのか?「昨季から模範的だが、リーダーではない」

壊滅的だった昨季から劇的に改善された今季のミラン。そしてここまで6得点と好調の本田圭佑。OBであるパオロ・マルディーニ氏はどう見ているのか? 一部で本田を絶賛している情報もあったがその真相と合わせて聞いた。なお本記事は独占インタビューである。(取材日=2014年11月21日、翻訳◎宮崎隆司)

CL優勝監督が見たグループC。予想外のギリシャ勝利、予想通りの日本敗退。「日本はバランスを欠き、攻撃が歪」

CL優勝監督が見たグループC。予想外のギリシャ勝利、予想通りの日本敗退。「日本はバランスを欠き、攻撃が歪」

W杯グループCをカルロ・アンチェロッティはどう見たのか? レアル・マドリーを率いてCLを制覇した名将に独占インタビューを行った(翻訳:宮崎隆司)。

元イタリア代表監督が語る日本の敗因。「守備があまりに脆弱。前と後ろでまるで別なチーム」

元イタリア代表監督が語る日本の敗因。「守備があまりに脆弱。前と後ろでまるで別なチーム」

かつてイタリア代表を指揮したロベルト・ドナドーニ監督。彼の目にW杯グループC、そして日本代表はどのように写ったのか。独占インタビューをお届けする(翻訳:宮崎隆司)

次期ミラン監督最有力候補インザーギによる苦戦する本田への助言「もがき苦しみながら誰よりも努力する他ない」

次期ミラン監督最有力候補インザーギによる苦戦する本田への助言「もがき苦しみながら誰よりも努力する他ない」

現在ミランのユースで監督を務めるインザーギ。生粋のストライカーとして泥臭くゴールを奪い続けた。彼はなぜ得点を量産できたのか? その秘訣、そして彼なりの才能の磨き方には本田へのメッセージと共通するものがある。新創刊の『フットボールチャンネルマガジン01』(5月1日発売)で独占インタビューを行った。(取材日=2014年3月10日、翻訳◎宮崎隆司)

20140501_mal

元主将マルディーニが語る本田の価値「救世主となる実力はない。数年前のミランならメンバーになれない」

ミランに身を捧げたパオロ・マルディーニ。あらゆるタイトルを獲得し、栄光を知る元主将は、低迷する今のミランに何を思うのか。そして、今季移籍してきた新たな10番・本田圭佑をどう評価するのか。多くの10番と苦楽をともにしてきたマルディーニだからこそ分かることがある。新創刊の『フットボールチャンネルマガジン01』(5月1日発売)で独占インタビューを行った。(取材日=2014年3月21日、翻訳◎宮崎隆司)

20140430_gattuso_sawada

ガットゥーゾがミランに一喝!「本田は懸命に戦っている。アイツの真逆にある不真面目な連中が問題だ!」

ピッチ上で誰よりも走っていた男、ジェンナーロ・ガットゥーゾ。“闘犬”が低迷するミランに吠えた。批判が集まる10番・本田よりも問題なことがあるという。新創刊の『フットボールチャンネルマガジン01』(5月1日発売)で独占インタビューを行った。(取材日=2014年3月13日、翻訳◎宮崎隆司)

20140429_kaka1

カカーが本田のイタリアでの成功を明言「実力も経験も十二分。期待以上の仕事をすると信じている」

今季、レアル・マドリーからミランへと復帰したカカー。黄金期を築いた頃とは比べ物にならないほど落ち込みを見せるクラブに何を思うのか? そして、新たに10番を背負った本田をどう評価するのか? 新創刊の『フットボールチャンネルマガジン01』(5月1日発売)で独占インタビューを行った。(取材日=2014年3月9日、翻訳◎宮崎隆司)

20130908_honda2

不毛なマネーゲームの犠牲者となった本田圭佑。ミラン番記者が再び断言「カカ復帰は別次元の話。ミラン加入は確定している」

確実とも言われていたミランへの移籍が破談となった本田圭佑。何が交渉を妨げたのか。一連の移籍交渉を追ったミラン番記者が裏側をすべて暴露する。“知りすぎていた男”は一体何を見たのか?(翻訳:宮崎隆司)

金満オーナーの野望はやはり夢物語か PSG監督人事をめぐる“パリ狂想曲”

【独占インタビュー】アンチェロッティが語るレアル監督就任の経緯とCL制覇へ向けた野望

今季よりレアル・マドリーの指揮を執るカルロ・アンチェロッティ。PSGの契約が残っていながらにしての就任はなぜ実現したのか? そして、世界最高のクラブを率いることになって抱く胸中は如何に。(翻訳:宮崎隆司)

“監督”ガットゥーゾ吠える!「ボランチに必要な技術的な要素は“気合い”。これだけ」

闘犬から闘将へ。2013年6月、パレルモの監督に就任したガットゥーゾ。気迫に満ち、荒々しくピッチを奔走した彼のボランチ哲学とは? 監督としての見解とともに、ボランチにおける理想像について話を聞いた。(翻訳:宮崎隆司)

20130712_honda

ミラン番記者が改めて断言。覆らない本田圭佑の今夏加入と“1月移籍”発言の裏事情

本田圭佑は今夏にミランへ移籍する。イタリア人のミラン番は改めて強調した。5日にも“確定”という情報をくれた記者はその理由を明らかにすると共に、いくつか報道された“1月加入”の真相についても解説してくれた。

元伊代表監督ドナドーニがザック解任論を一刀両断「今はチームの成長を待つ時。監督交代など論外」

元伊代表監督ドナドーニがザック解任論を一刀両断「今はチームの成長を待つ時。監督交代など論外」

コンフェデの日本代表をエキスパートはどう見たのか? 元イタリア代表監督にして現在はパルマで指揮を執るロベルト・ドナドーニ氏に話を聞いた。識者はザック解任論に唖然として語った。(翻訳・構成:宮崎隆司)

新着記事

↑top