「ガンバで見たことない」。悲願の代表デビュー戦、宇佐美が見せた献身性。更なる高みへ闘志燃やす

長く代表での活躍を期待されてきた宇佐美貴史。しかし、その期待とは裏腹に初招集から3年もの間デビューは見送られてきた。そして、ついに初キャップとなったチュニジア戦、持ち前の攻撃センスに加えて多く指摘されてきた献身性も見せた。

2015年03月29日(Sun)9時51分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

実現した“3枚看板”との競演

20150329_usami_getty
宇佐美貴史【写真:Getty Images】

 ヴァイッド・ハリルホジッチ新監督の初陣となった27日のチュニジア戦(大分)。時差と移動疲れから相手がペースダウンしてきた後半27分、指揮官は0-0の均衡を打ち破るべく、本田圭佑(ミラン)と香川真司(ドルトムント)のダブル投入に続き、岡崎慎司(マインツ)と宇佐美貴史(G大阪)を2枚代え。

 岡崎の1トップの背後に本田、香川、宇佐美を2列目右から並べるという超攻撃的布陣にする大胆策を見せたのだ。

「技術的に高く、そこをストロングポイントにしている選手たちであれば、特に話し合わなくても感じられる部分があると思う。だから、自然に試合の中で合わせられるイメージも自信もあります。

 真司君と横に並んだ場合も真司君に任せとけば大丈夫。真ん中で受けてそこから作れる選手なんで、任せるところは任していけばスムーズにいくと思います」と宇佐美は本田、岡崎、香川の日本代表攻撃陣の3枚看板との競演を思い描いていたが、それがいきなり現実となった。

 彼ら4人に託されたのは、ゴールと勝利という結果しかない。それを貪欲に追い求めるべく、宇佐美も献身的なプレーを見せる必要がある。

 Jリーグでは日頃、オフ・ザ・ボールの動きに課題を抱えていると言われる彼が、前線から長い距離を走ってボールを追う姿を目の当たりにして、同僚の藤春廣輝が「ヒガシ君(東口順昭)と『ガンバであんなの見たことない』と話しました」と言うほど、彼は日本代表初舞台に全精力を注ぎ込んだ。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top